日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > 子どもたちがタバコを吸いまくる奇祭

世界的な禁煙ブームの中、子どもたちがタバコを吸いまくる奇祭があった!

堂々とタバコをくゆらせる子どもたちの姿はシュール

 禁煙の動きが世界的に波及する中、そんなことをものともしない祭りがポルトガルの片田舎に存在する。

 首都・リスボンから約450キロ離れた同国北部に位置するバーレ・デ・サルゲイロ村では、毎年1月6日から7日にわたり、東方の三博士のベツレヘム来訪を祝う公現祭が開かれる。クリスマスシーズンの終わりを意味するこの祭りでは、ミサで祈りがささげられるほか、鼓笛隊が音楽を奏で、村人が薪の周りで踊ったりと、さながら日本の盆踊りのような風情だ。ただ、子どもたちがこぞって喫煙するという点を除いては……。

 この祭りでは、親が子どもにタバコを与え、喫煙をさせる習慣があるのだ。

 動画サイトにアップされているこの祭りの様子を撮影した映像には、あどけない顔の小学生くらいの男女が歩きタバコをしながら、白い煙をくゆらせている様子が見て取れる。

 ポルトガル紙「コレイオ・ダ・マーニャ」によると、5歳の子どもも喫煙するというこの祭りには数世紀にわたる歴史があるというが、その習慣がいつ始まったのか、またどういった意味があるのかについては、まったく不明だという。

 伝統とはいえ、子どもへのタバコの害が気になるところだが、地元民は「ふかしているだけだから害はない」「もちろんそれは祭りの2日間だけで、子どもはほかの日にはタバコをねだったりしない」と、いたってのん気だ。

 ちなみにポルトガルの法律では、タバコを購入できるのは18歳からとなっているが、親が子どもにタバコを与えることを取り締まる法律はないという。

 日本でもひと昔前には、祭りの日に限っては未成年の飲酒が黙認されていたことを考えると、似たようなものかもしれないが……。

 

最終更新:2018/01/15 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

世界的な禁煙ブームの中、子どもたちがタバコを吸いまくる奇祭があった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真