日刊サイゾー トップ > 芸能  > 菜々緒、態度“豹変”は「男がいないから!?」

菜々緒が“絶好調”の理由は「男がいないから!?」 現場での態度“豹変”でスタッフ評価急上昇!

菜々緒

 モデルとしてデビュー後、映画やドラマなどに出演し、女優としても活躍。さらに4月スタートのドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/土曜22時~)の主演が決まり、着々と名声を築いている菜々緒。最近では、あまり悪い評判が立たず、株がうなぎのぼりなのだが、その理由に「男がいないからでは?」と言われているようだ。

 菜々緒は、2011年7月にT.M.Revolution・西川貴教と手をつなぎながら西川の自宅に入るところを週刊誌「FRIDAY」(講談社)にスッパ抜かれ、熱愛が発覚。当時、菜々緒はまだ知名度の低いモデルだったにもかかわらず、態度は一流だったそうで、雑誌編集ライターは当時の菜々緒についてこう明かす。

「西川さんと付き合っていた頃は、とても尖っていて、気に入らないことがあると、すぐ不機嫌になっては、周りのスタッフに当たり散らすことも。現場では、『菜々緒にしゃべりかけると、ケガをする』なんて言われていましたね」

 確かに、西川との報道が出てしばらくの間は“売名”などとネット上で叩かれていたからか、アンチに対して自身のSNSで挑発的な態度を繰り返していた菜々緒。その態度はマスコミに対しても同様で、遠くからカメラ目線で中指を突き立てて、“FUCKポーズ”を取る西川と、その隣で大笑いする菜々緒の姿が同誌に掲載されたことも。一連の悪態は、加熱する報道に嫌気が差していたからだろう。

 しかし、そんな恋も結婚願望の強かった菜々緒と、バツイチでなかなか踏み切れない西川との間にすれ違いがおき、13年には破局。すると、とたんに菜々緒の態度が“別人”のように豹変したという。

「西川さんと別れた後に彼女と仕事をする機会があったのですが、まったく違う人になっていました(笑)。常に笑顔で明るく、スタッフにも優しくなって。現在では丸くなり、付き合いやすくなった、と業界では言われていますね」(前出の雑誌編集ライター)

 また、雑誌編集者は「彼女は曲がったことが嫌いな性格なので、西川さんと別れて、マスコミに取り囲まれることがなくなり、スッキリしたのかも。そのため、前向きに捉えて“今は男より仕事”と思い態度をあらためたのかもしれないですね」と語っていた。

 現在ではモデルだけではなく、CMにドラマ、バラエティにと、マルチに活躍している菜々緒。このまま仕事だけを考えていくのだろうか。

最終更新:2018/02/11 06:00

菜々緒が“絶好調”の理由は「男がいないから!?」 現場での態度“豹変”でスタッフ評価急上昇!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真