日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > “勝ちたくない競技者”の独特の闘志

「男気ジャンケン」が失った勝負論を描写してみせた『水曜日のダウンタウン』“勝ちたくない競技者”が持つ独特の闘志

TBS系『水曜日のダウンタウン』公式サイトより

 3月終了が決定している『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気企画に「男気ジャンケン」がある。ジャンケンで勝った者は、敗者の分を含む代金を支払うのだが、内心では勝ちたくない。大枚をはたきたくない。だけど、男気のない行動(支払いを渋る、商品を欲しがらない等)を取るとケツバットされてしまう。

 勝ちたくないジャンケンがあり、勝てば喜ぶフリが義務付けられる。でも、本心では是が非でも負けたい。そんな裏腹な心理を映し出すことが、この企画の狙いだった。

 しかし、次第にそのコンセプトは薄れていった。ほとんど、ただのジャンケンになってしまったのだ。太鼓の音が鳴る前はOKだが、叩かれて以降の男気なき態度は厳禁となる新ルール「男気タイム」が導入されるなど対策は取られたものの、結局、「勝ちを嫌がる」心理描写はないがしろにされていく。単に、支払いの権利を争うためのジャンケンへと意味合いは変わってしまった。

 

■試合に負けるため、秘策を出し合うワッキーと内藤大助

 

 そんな中、本気で勝ちを嫌がる者同士の勝負を目にすることとなる。成し遂げたのは、2月21日放送『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。今回、同番組が検証を行ったのは「お互い負けるよう指示された八百長対決 逆に目が離せない接戦になる説」であった。

 まず用意されたのは、TBSお得意のスポーツ特番。身体能力に自信を持つ芸能人を揃え、アスリートとしての資質を競わせる趣旨だ。

 この偽番組の予選に臨むのは、ペナルティのワッキーと内藤大助。何も知らぬ両者は、ビーチフラッグスによる決戦に備え意気込んだ。……が、試合直前にマネジャーから「決勝の日程が他の仕事で埋まっている」と打ち明けられる。バッティングを避けるため、負けを選ばなければならない。勝てば、ダブルブッキングになってしまう。

「相手は勝つ気マンマンだから負けるのは簡単」、そんな風にお互いが考えていたはずだ。実は、密かに2人とも負ける気マンマンなのだけれども。

 そして、両者の“勝ち気”ならぬ“負け気”は交錯する。スタートの合図が鳴るや、速攻で転倒するワッキー。それに気付いた内藤は、フラッグとは全く違う方向へダイブして挽回する。だが、ワッキーはさらにその上を行く。またしても転倒し、内藤にフラッグを独り占めさせるのだ。

 あまりにもわざとらしいと、スタッフは不信感を抱く。負けるならば、本当っぽくやらなければいけない。白々しさを避けるため、内藤は観念してフラッグを掴んだ。ビーチフラッグスは内藤の勝利! ワッキーは試合に負けて勝負に勝った。


12
こんな記事も読まれています

「男気ジャンケン」が失った勝負論を描写してみせた『水曜日のダウンタウン』“勝ちたくない競技者”が持つ独特の闘志のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真