日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 大物芸人X、Sの“不倫”噴出寸前!?

超売れっ子大物芸人たちの“不倫報道”が噴出寸前!? カメラマンが張り込む「X」、すでに撮られている「S」って……

※イメージ画像

 ある大物芸人・Xが、週刊誌のカメラマンに張り込まれている。自宅近くの高級マンションに若い女性を住まわせ「囲っている」というのだ。

 小田急電鉄・成城学園前駅から近い、東京・世田谷区内のマンション周辺に週刊誌カメラマンがやたらと出没している様子を、テレビディレクターが偶然目撃。この近くの飲食店でのロケを企画するため下見中だった。これだけなら「芸能カメラマンの張り込みを見た」だけなのだが、ディレクターが接触した取材先から、こんなウワサが聞こえていたという。

「Xが、ときどき人目を忍ぶようにマンションに出入り。20代ぐらいに見える女性と一緒に出てきたこともある」

 こうした話から、ほかにもさまざまな断片情報が組み合わさり、そもそもカメラマンが張り込んでいるのは、どうやらXの“愛人囲い込み”をスッパ抜く狙いだったことがわかったのだ。

 ただ、外部の者が中に入れないマンション内での密会は、「おそらく不倫」とは思えても、2人の親密な写真でも撮れない限り、信ぴょう性やインパクトに欠ける。カメラマンがその決定的な瞬間を狙って、今年1月下旬から、たびたび問題のマンション周辺を訪れているようなのだ。

 その大物芸人・Xは、過去に不倫が発覚している。このときもグラビアアイドルの女性を数年間、マンションに囲っていたことが判明したのだが、本人が素直に謝罪するなどして早々に沈静化。その経緯を考えれば、また同じ過ちを繰り返すとは思えないのだが、疑いは晴れず、密かに取材は続けられていたようだ。

 また、Xには過去、実話誌で「愛人のオーディションを開催している」という仰天話が報じられたことがある。会場を貸し切りにして誕生会を開き、新人アイドルや売れていない女優などを集め、前回発覚した不倫相手も、そこで気に入られたという内容だ。

 Xから愛人に選ばれると、「都内一等地のタワーマンション」の一室を与えられ、テレビ仕事も決まり、さらに月200万円もの小遣いがもらえ、飲み屋やブティックの開店資金までバックアップしてもらえるという。にわかに信じ難い話だが、前回の不倫相手がX出演の番組に頻繁に起用されていたことを考えると、近い話があるのかもしれない。その「愛人オーディション」は怪しいゴシップだとしても、カメラマンに張り込まれている事実はある。

 ただ、業界内では今、それよりもっと大きなインパクトを与えそうな芸人・Sの不倫疑惑で持ちきりだ。こちらは、タレントとしては前述の大物よりは格下だが、番組出演数はトップクラスの超売れっ子。すでに週刊誌がその証拠写真を撮ったといわれるだけに、大物芸人より先に世間をにぎわす可能性は十分。

 こうした不倫ゴシップが相変わらず続々と出てくるのは、記者が躍起になって情報収集しているからだが、世間で食傷気味のように見えても、メディアでの需要は非常に高いネタ。「また不倫?」と言いつつも、世間の関心は政治・経済やスポーツよりはるかに大きいため、週刊誌なども人手を割いているのが実情で、需要が続く限り、不倫タレントたちはターゲットにされ続けるだろう。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/02/26 08:00
関連キーワード

超売れっ子大物芸人たちの“不倫報道”が噴出寸前!? カメラマンが張り込む「X」、すでに撮られている「S」って……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真