日刊サイゾー トップ > インタビュー  > せっかちな人ほど声がでかい!?
「声」にコンプレックスがある人へ――[2]

せっかちな人ほど声がでかい!? もう傷つかずに済む、声の調整法をボイストレーナーに聞いてみた

『人前であがらず話せる「1分声トレ」』(世界文化社)

 声の悩みというと「声が小さい」がクローズアップされがちだが、「声がでかい」だって深刻な悩みだ。著者である私も幼少期から、普通に話していても声が人一倍大きく、飲食店で隣の客がムカついたのか「もう少し声を落としていただけないでしょうか……?」と店員から申し訳なさそうに言われたこともある。これはやられた人にしかわからないだろうが、死にたくなるくらい堪える。前回(参照記事)に引き続き、東京品川にあるボイス&メンタルトレーニングスクール『アマートムジカ』を運営する堀澤麻衣子氏、司拓也氏に、声デカの処方箋について聞いた。

 

■声がでかい人が「声を小さくする努力」をするのはつらい!

 

――「声を小さくするには」でグーグル検索するくらい、声が大きいのが悩みです。

堀澤麻衣子氏(以下、堀澤) 声は、口だけでなく、自分の顔や頭の骨を振動させて、相手に届きます。声が大きい人は、頭蓋骨が球体で、響きやすい造りになっていることが多いんです。

 響きやすい頭蓋骨を持った人が、自然に逆らう「声を小さくする努力」は難しいですし、つらいと思います。そうではなく「声に芯をつける」ことをお勧めしています。そうすれば、うるさいと思われず、「聞かされる声」ではなく、「聞いていたい声」と思われる、好かれる声になれます。

※注:このインタビューの著者であるライター石徹白の頭蓋骨も、堀澤氏に見てもらったところ、「ばっちり響く頭蓋骨(素で大きな声が出やすい)」とのこと。

――「芯」は、どのようにつければいいのでしょうか。

堀澤 前回の「居酒屋で声が通らない人」と解決法が同じで、声の出発点と到達点を決めることですね。大きい声を「小さい声」にするのではなく、「通る声」にすることです。まず出発点は、前歯に穴が開いていて、そこから声を出すイメージです。そして、声の到達点についても意識します。

 なお、私も大きなコンサートホールで歌うときは、観客の一番後ろの人の頭上1メートルくらい上を目標に声を出しています。ホールだと、ちょうど緑色の「非常口」のマークがあるあたりですね。そうすると、聞いている観客の方全員に、声がシャワーのように上から降り注いで届くんです。

――カラオケで歌うときも応用できそうですね。

堀澤 そうですね。ただ、カラオケの場合、画面を見て歌うことが多いですよね。本来は聞いている人の頭の上に向かって歌った方がいいですよ。ステージがあるカラオケ店も増えたので、そういったところではぜひ試してみてください。

 なお、これは対面で人としゃべるときも原則は一緒です。相手の頭の上を超えるように声を出すと、芯のある、通る声になります。

――「相手の耳や顔に向かって」ではなく、「相手の頭上を越えるように」、なんですね。

■せっかちな人ほど、声は大きくなる~相手を色で包むイメージ~

司拓也氏(以下、司) また、声が大きい人が意識したほうがいいのは「喋っているときの空気の流れ」ですね。例えば、大阪のおばちゃんが「あんた何してんのっ!!!」と怒鳴っている姿を想像してみてください。これは、「ひたすら吐くだけ」の声で、うるさく感じます。大きくても聞き心地のいい声は、しゃべっている間も喉が開いていて、空気の流れがあります。

――しゃべっている間は「吐いてばかり」ではないんですね。

 そうなんです。ほか、声の大きい人への対策として、声量を数値化するという手もあります。声量を10段階で数量化してもらって、「10」なら「5」の声量を出してもらい、実際それを録音して聞いてもらいます。5で通じますね、というように、客観的に自分の声を聞くことで、声量が調整できるようになります。

 あと、会話において「ワンクッション」がない人も声が大きくなりがちです。

――私がまさにそうです。すぐ答えたいんですよね。

 反射的な反応は、感情が乗るので声は大きくなってしまいがちですね。

――どうしたらいいのでしょうか。

堀澤 声を「伝言するための手段」ではなく、「相手へのプレゼント」だと思うといいですね。相手に「どんな感情で受け取ってほしいのか」を色に例えてみるといいですよ。情熱なら赤、優しさならピンク、感謝なら金色とか。その色で相手を包むイメージで話してみる。

 相手にどんな感情を伝えたくて、相手を何色に包みたくてこの言葉を発するのか、というのをしゃべる前に一度考える。そうすると、一息つけますし、何より、相手に話が伝わりやすくなります。

――色でイメージすると、確かに「大きそうな声の色」もあれば「小さそうな声の色」もありますね。

堀澤 ただ、「声が大きい」と店員さんに指摘されたのは、笑い声ではなかったでしょうか。

――確かに、笑っていたと思います。

堀澤 笑い声は、聞く側の受け取り方もあります。イライラしているときに赤の他人の笑い声は許容しにくいものです。でも、楽しいのに笑うな、というのも無理な話ですよね。相手がいることなので、常に完璧を目指すのは難しい話ですが、考えすぎないのも大切ですよ。それでも、どうしてもテクニックとして試してみたいという方は、口を大きく開けて笑うのではなく、笑ってもいいのですが、口をなるべくあけないで笑うことで、音量を下げることは可能です。

――今回教えていただいたテクを駆使し、かつ声が普段以上に大きくなる飲酒時は個室を予約するなど配慮しつつ、自分を責めすぎないよう励みます。

* * *

 声が大きいことを気にするあまり、なるべく小さな声で話そう、と今思えば間違った心がけを長く続けてきた。しかし、地声の大きい人間が頑張って小さい声で話そうとすると、気分がどんどん沈んでいくのだ。「声を小さくするのではなく声を通す」。また、「一拍置く」こと。全国の声デカさんとともに頑張っていきたい。

 次回は引き続き堀澤氏、司氏に、「イケボ」とは何なのかについて伺う。

(文/石徹白未亜[http://itoshiromia.com/])

 

「アマートムジカ」ホームページ:http://amatomusica.com/

■絶賛発売中!
『人前であがらず話せる「1分声トレ」』(世界文化社)

 

 

最終更新:2018/03/07 15:00
こんな記事も読まれています

せっかちな人ほど声がでかい!? もう傷つかずに済む、声の調整法をボイストレーナーに聞いてみたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真