日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋由美子は「一生、悔い改めない」

「高橋由美子は一生、悔い改めない」と断言! かつて“不倫自殺”で親友を亡くした芸能関係者が……

合同会社 コニイ 公式サイトより

 今年1月のテレビ番組で、占いタレントのゲッターズ飯田に「運気が絶好調で長い闇が明ける」と診断されていた女優の高橋由美子だが、既婚男性との不倫疑惑を報じられ、「理性を欠いた時間を過ごしたのは確か」「悔い改めておわび申し上げます」と謝罪コメントを出すなど絶不調に陥っている。

 これには古い芸能関係者が「彼女に理性があったことはないし、悔い改めることも一生ない」とこぼしいる。聞けば、この関係者と非常に親しかった男性が、なんと過去に高橋と不倫の末に苦悩して自殺したというのだ。

「話を蒸し返したくないから、多くを言う気にはなれないけど、彼は高橋と結婚をするつもりでいたのに、妻との離婚話をまとめたところで逃げられたと言っていた。妻には財産をすべて渡して離婚を決めたのに、そうなったら高橋の熱が急に冷めて離れていった、と。財産も妻子も失った彼は鬱病のような状態になって、4年後に自宅で首を吊ったんです。長い時間が経過したので自殺した理由がその失恋だと断定はしにくいけど、僕はそう思ってる」(同)

 関係者が驚いたのは、そんな悲しい不倫話を知った後、高橋が懲りずに別の男性と不倫をしていた話を耳にしたことだという。

「周囲がどんなに傷ついても平気な人間なのだろうと思った。記事にもなっていないことだから、芸能関係の仕事をしていなければ耳にしなかったと思う」(同)

 関係者の話が万に一つ事実だったとすれば、高橋は現在に至るまで複数の不倫経験があるということになる。今回、週刊文春が報じたのは、3月上旬に妻子ある40代の男性と東京・歌舞伎町のラブホテルに入ったというもの。男性が離婚話をしたことで、妻からは「高橋が家庭を壊した」とまで言われてしまっているが、記者に直撃された高橋は「それって、付き合ってるってことになります?」と逆ギレしていた。

 そんな高橋も、かつては「20世紀最後の正統派アイドル」と呼ばれた清純派だった。1989年にテレビドラマでデビューし、94年に出演したドラマ『南くんの恋人』(テレビ朝日系)で注目され、彼女が歌った主題歌もヒット。98年からはドラマ『ショムニ』シリーズ(フジテレビ系)で大人の女優の顔を見せ始め、3年前には久々のセミヌードグラビアも披露した。

 ただ、根っからの不倫体質があるのか、2001年ごろに「私、ファザコンなんです」と、デビュー当時17歳のときに14歳上の妻子ある男性と不倫していたことを告白している。相手はコンサートスタッフで5年間交際。告白当時はアイドル色も消えていたことで、「6歳年上のCM制作会社に勤める男性」との交際を明かしていたが、これは別の関係者から「わざわざそんなことを言っていたのは、大物俳優との不倫を隠すためのカムフラージュでは」という疑いも聞かれていた。

 高橋自身は、今年1月のバラエティ番組で「交際した人数は4人で、6年恋人なし」と話していたが、今回発覚した不倫相手は昨年から関係していたとの証言があり、辻褄が合わない。

「ね、大ウソつきなんですよ、彼女は」(前出関係者)

 アドレス帳に登録された電話番号の半分は「飲み友だち」だという酒豪で、ひとりで居酒屋に行き「ナンパいつでもOK」で、恋愛は「追い求める方が好き」と公言する肉食キャラの高橋は、確かに不倫のひとつやふたつ平然とやってのけそうなタイプではある。

 もし家庭崩壊の末に自殺したという“元カレ”がいたならば、彼女の「自称・交際人数」の中に入っているのだろうか……?
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/03/25 08:00

「高橋由美子は一生、悔い改めない」と断言! かつて“不倫自殺”で親友を亡くした芸能関係者が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...
写真