日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山口達也、無期限謹慎処分も復帰切望

山口達也、号泣会見! 明かされた深刻なアルコール依存……無期限謹慎処分も復帰切望「またTOKIOとしてやっていけたら」

TOKIO・山口達也

 酒に酔って未成年の女性に無理やりキスをしたなどとして強制わいせつ罪で書類送検されたTOKIO・山口達也が26日、都内で記者会見を開いた。

 会見では、冒頭にジャニーズ事務所の顧問弁護士が事件の経緯について説明。それによれば、今回の事件が起こったのは2月12日。山口本人は3月の末に警察からの連絡を受けるまで、事件化していることを知らなかったという。その後、ジャニーズ側が事態を把握したのは「つい最近」とし、対応の遅れについて謝罪した。

 また、事件は山口がアルコール治療のための1カ月にわたる入院から自宅に帰った当日だったといい、その日のうちに酩酊するほど飲酒していることから、山口が深刻なアルコール依存の状態であることも示唆された。

 弁護士によれば、山口の芸能活動は無期限謹慎処分になるという。

 その後の質疑応答で山口は、TOKIOのメンバーとは連絡を取っていないことを明かしたが、「城島茂……国分太一……松岡昌宏……長瀬智也……」と一人ひとりの名前を挙げながら「私の身勝手な件で、彼らがどういう思いで過ごしているのかを考えると、どうしていいかわからない」と涙。「彼らがいて私がいるので、甘い考えかもしれませんが、怒ってくれるのも、もう彼らくらいしかいない年齢にもなったので、彼らを信じて、もし私の席がそこにあるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたらなあ……って」と、将来的にグループへの復帰を望んでいることも語った。

 被害を受けた未成年女性については、「好感が持てる女性」「話が合う」と繰り返した山口。もちろん反省は必要だが、アルコールや女性関係についての認識も、再度改める必要がありそうだ。

最終更新:2018/04/26 15:41
こんな記事も読まれています

山口達也、号泣会見! 明かされた深刻なアルコール依存……無期限謹慎処分も復帰切望「またTOKIOとしてやっていけたら」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーCM、なぜ素晴らしい?

 まだまだラグビーW杯は続くのに、日本の敗戦と...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真