日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松坂桃李出演の東映映画でひと悶着

「東宝の不手際どころじゃない!」と観客激怒! 今度は松坂桃李出演の東映映画でひと悶着

映画『孤狼の血』公式Twitter(@Korounochi_2018)より

 4月23日に菅田将暉、土屋太鳳出演の映画『となりの怪物くん』のイベントに当選していたにもかかわらず、満員で会場には入れなかった人が続出。配給の東宝が公式ホームページでお詫びを発表するという、当選者からすればありえない事態が起こった映画業界。

 その直後の同25日、今度は東映配給で行われた、役所広司や松坂桃李が出演する映画『孤狼の血』(5月12日公開)の完成披露試写会で、観客たちと劇場スタッフとの間でひと悶着起こっていたという。

「事の発端はスタッフ側のミスで、舞台挨拶で一般招待客向けに発券していた席を、マスコミの取材用に充ててしまい、トラブルになっていました。このため、舞台挨拶中、席がなく座れなくなってしまった約30~40人ほどの観客が、劇場内通路側でスタッフから説明を受けることになったんです」(ワイドショー関係者)

 そのスタッフからの説明というのが、観客たちの気持ちを逆なでするものだったという。

「スタッフは当初、舞台挨拶中は観客を劇場の外で待たせ、映画本編だけをみせようとしていたようです。しかし観客は、豪華キャストの挨拶を少しでも近い場所で見たい人が大半で、この日も松坂桃李目当てのファンが多かった。スタッフ側はそんなファン心理をまったく理解していなかったようで、マスコミの取材を優先しようとしたため怒り出す人もいましたね。そこで、劇場側は観客が端の方の通路で舞台挨拶を見てもらうことで我慢してほしいと説得したのですが、これは観客の怒りへ火に油を注ぐようなもの。ついには怒号が飛んでました。その声の中には『東宝の不手際どころじゃない!』と、憤っている人もいました」(同)

 結局、最前列に座っているマスコミ向けに、先にフォトセッションを行い、撮影終了と同時に報道陣と観客を入れ替えるという対応がとられたというが……。

「ギリギリで事なきを得た感じでしたが、舞台挨拶のキャスト陣も気まずそうな様子でしたよ」(同)

 なんとも後味が悪いイベントになってしまったよう。東映にとって、東宝のトラブルは対岸の火事とはいかなかったようだ。

最終更新:2018/05/06 14:00
こんな記事も読まれています

「東宝の不手際どころじゃない!」と観客激怒! 今度は松坂桃李出演の東映映画でひと悶着のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

ラジエーションハウス

フジテレビ/月曜21:00~

月9初主演の窪田正孝が天才放射線技師に!

パーフェクトワールド

フジテレビ/火曜21:00~

松坂桃李と山本美月がおくる“王道”ラブストーリー

わたし、定時で帰ります。

TBS/火曜22:00~

吉高由里子が「働き方新時代」のニューヒロインに!

白衣の戦士!

日本テレビ/水曜22:00~

中条あやみ&水川あさみがW主演!

ストロベリーナイト・サーガ

フジテレビ/木曜22:00~

二階堂ふみ&亀梨和也コンビで人気作をリメイク

インハンド

TBS/金曜22:00~

山Pが義手&ドSの天才科学者に!

きのう何食べた?

テレビ東京/金曜0:12~

西島秀俊&内野聖陽のオトナBL・節約グルメドラマ

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ピエール瀧、コカインで逮捕!

“名バイプレイヤー”の不祥事に業界激震! NHK大河、出演映画はどうなる!?
写真
人気連載

三浦翔平&桐谷美玲がスピード離婚!?

 昨年7月24日に結婚し、12月に挙式した女...…
写真
ドラマレビュー

山P、阿部寛を意識するも失敗?

 山下智久が寄生虫専門のドSな医学者を演じるドラマ『インハンド』(TBS系)の第1話...…
写真