日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 韓国で国籍離脱者が過去最高

“地獄のような国”とはおさらば! 韓国で国籍離脱者が過去最高

イメージ画像(Thinkstockより)

 韓国法務部(日本の法務省に相当)が5月に発表したところによると、韓国における今年1~4月の国籍離脱者が昨年の3倍増となる 5695人を記録したという。法務部が統計を取り始めて以来、年間最多記録だ。

 国籍離脱とは、親や出生地の影響などで多重国籍を持つ者が韓国国籍を放棄することをいう。今年の国籍離脱者らが韓国の代わりに選んだ国籍は「アメリカ」が72.4%で最も多く、次に「カナダ」が11.7%、「日本」が8.7%、「オーストラリア」が3.2%などと続いた。

 特筆すべきは、国籍離脱者のほとんどが18歳未満の男性という点だろう。5月1日から 兵役の義務が強化される “在外同胞法”の改正案が施行されたことで、多重国籍の男性たちが取り急ぎ韓国国籍を放棄している、というのが法務部の説明だ。

 そもそも18 歳以上の男性に約2年間の兵役の義務がある韓国では、“兵役逃れ”事件が頻発しており、根深い社会問題にもなっている。例えば、体重が過度に重いと入隊が免除される制度を悪用して故意に増量したり、精神疾患を偽ったり、入れ墨を入れたりすることは、実は韓国でそれほど珍しい話でもないのだ。2010年には人気芸能人が健康な歯を4本も抜くという兵役逃れ事件を起こし、大きな物議を醸したこともある。

 ところが、多重国籍者たちには“国籍放棄”という、合法的かつ簡単な解決策が存在する。国籍さえあきらめてしまえば、兵役問題からは自由の身になるのだ。昔の世代に比べて国籍に対するこだわりもそれほど強くない若者たちが、韓国国籍を簡単に手放してしまうのは無理もない話 だろう。

 そういった国籍離脱者に加え、新しく外国籍を取得して韓国籍を放棄する“国籍喪失者”も増加している。17 年には例年より1000人ほど増えた1万9364人を記録。今年1~4月の間は6952人を記録している。政府関係者は、「就職難や国政への不安などで、国籍を放棄する若者が増えつつある」とコメントした。

 それもそのはず、近年の韓国若者たちは自国のことを“地獄のような国”という意味を込めて「ヘル(Hell)朝鮮」などと呼び、海外へ移住する“脱韓国”を夢見ている。17年の調査によると、若者が最も移住したい国1位に選ばれたのは「カナダ」で、次に「オーストラリア」「アメリカ」「ニュージーランド」などが名を連ね、「日本」も7位にランクインしている。彼らが韓国籍を手放したい理由としては「競争に疲れた」「外国の先進福祉への憧れ」など、韓国社会に絶望を抱いていることを感じずにはいられないものばかりだった。

 今回の在外同胞法改正により、兵役の義務を果たさずに国籍を離脱した者は、国内滞在や就職などができるF-4ビザの発行が禁止されるという。つまり、韓国籍をあきらめたら韓国では暮らせないというわけだが、それでも国籍離脱・喪失者が増え続けるとなると、政府も頭を悩まさざるを得ないだろう。

 南北首脳会談などによって情勢が大きく変わりつつある今、これからの動向にも注目したいところだ。

(文=S-KOREA)

●参考記事

体重増量、精神疾患偽造、入れ墨…。韓国男性たちの涙ぐましい「兵役逃れ」列伝

「ヘル朝鮮はもうこりごり…」“脱韓国”を夢見る韓国の若者たちが選ぶ「移住先」とは?

 

最終更新:2018/05/17 18:00
こんな記事も読まれています

“地獄のような国”とはおさらば! 韓国で国籍離脱者が過去最高のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

嘘と混乱の東京オリンピック

 前代未聞の大失敗に終わった『FYRE』とい...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真