日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『正義のセ』現役保育士から苦情殺到!

『正義のセ』安田顕の“良きパパ”姿に号泣する人続出も、保育園を凶悪に書き過ぎて保育士からは苦情殺到!

『正義のセ』公式ホームページより

 吉高由里子主演のドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)の第7話が5月23日に放送され、平均視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.5ポイントダウンしました。

 マンネリ化したストーリー展開に飽き飽きする同ドラマですが、ここに来てガクンとダウン。推測ですが、直前まで日大アメフト部の記者会見があり、視聴者の関心はちょうど裏番組の『報道ステーション』(テレビ朝日系)にいってしまったのかと。ダウンは残念ですが、マンネリ化したご都合主義ドラマを見るよりは、タイムリーな責任転嫁する監督の言い訳を見たほうが正しいと思います(笑)。

 今週も頭から軽く貶しのジャブを入れてしまいましたが、早速あらすじから振り返りましょう!

■園児の大ケガから園長の不正が発覚!

 保育士が目を離したすきに園児が大ケガを負ったという事件が発生した。梅宮支部長(寺脇康文)から、女性ということでこの事件を担当することになった凜々子(吉高)は早速やる気を見せる。

 保育園側の「遊具から落下した事故」との説明に納得がいかない園児の父・小峰雄一(近藤公園)は、聞き取りで園児が普段からケガをしていたために「虐待があったのでは?」と疑い、被害届を提出したと告白。凜々子と担当事務官・相原(安田顕)は「もし虐待があったとしたら許せない」と事件解決に乗り出していく。

 その日の夕方、2人は事件が起きた保育園へ。園長・瀬川弥生(朝加真由美)や園児の担当保育士・水田早希(益田恵梨菜)から話を聞くと、事故を起こしてしまったことには謝罪しながらも、保育園側の過失については否定した。そんな保育園側の言い分もわかると悩んでしまう凜々子。真相はわからないまま、この日の調査は終わった。

 自宅に帰った凜々子。そこに、相原が凜々子の忘れ物を届けに訪れる。竹原家族に歓迎され、久しぶりの家族団らんの雰囲気に触れた相原は、離婚して元妻に引き取られたためになかなか会えない娘への思いを唐突に告白。すると、元妻から「明日ら娘に会っていい」と連絡が入り、相原は浮かれながら帰宅した。

 翌日、凜々子は当該園児・小峰宏尚(佐藤令旺)に聞き取りしたところ、「お外に出て遊具に登った。そしたら落ちちゃった」と事件の経緯を説明。それを聞いた雄一は、保育園を疑った自分を責め、被害届を取り下げると保育園に謝罪した。

 しかし、腑に落ちない凜々子はさらに調査を続ける。すると、事件当日、宏尚のクラスには保育士1人しかいなかったという事実にたどり着く。瀬川にそれを問い詰めたところ1人だけだったとこは認めたが、不慮の事故だったと再度主張し、再び暗礁に乗り上げた。

 そんな折、園児が港南支部に忘れたおもちゃを届けに園児の自宅に向かった相原が、常時1人体制で保育していた証拠を発見。その証拠を港南支部に持ち帰ったところ、なんと保育園の補助金不正受給疑惑が浮上。港南支部総動員で調査を始める。

 そんな中、凜々子と相原は水田に補助金の不正受給を問い詰めたところ、事実だと告白。これをもとに瀬川を追及。ついに自白を取ることに成功した、というのが6話の内容でした。


12

『正義のセ』安田顕の“良きパパ”姿に号泣する人続出も、保育園を凶悪に書き過ぎて保育士からは苦情殺到!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真