日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 「慰安婦はマシ」発言で大炎上

中国“美人すぎる作家”「慰安婦はマシ」発言で大炎上 SNSアカウントも凍結に……

「慰安婦はマシ」発言で炎上した、中国の美しすぎる作家Ayawawa氏

 李克強首相が来日するなど、日中関係に改善の兆しが見られる中、中国では慰安婦に関する発言で女性作家が窮地に立たされている。

「香港01」(5月22日付)などによると、美人すぎる作家として知られるAyawawa氏が18日、中国版Twitter「微博(ウェイボー)」に、こんな投稿をした。

「日本軍の虐殺から男性は逃れることができず、一つの穴に遺体が1000体埋められた。女性は乱暴されたけど、生き延びることができた。歴史は、私たちにこうした過去の真実を教えてくれる」

 さらにあるネット民は、同氏が女性向けのセミナーで、参加した20代の女性に対してこう呼びかけたと暴露した。

「慰安婦はかわいそうだと思う? 考えたことある? 男性はもっと惨めで、みんな撲殺された。でも女性には、少なくとも命は残されていた。だから戦争になっても、女性には優位性があるの。そこをうまく利用すれば、生き延びることはできる」

 つまり慰安婦にさえなれば死ぬことはない女性は、殺されるしかない男性よりもマシというわけだ。

 一連の発言に、ネット民はすぐさま反応。中国共産党の青年組織「共青団」の微博アカウントが同氏を批判する投稿をすると、4,000回以上リツイートされた。

 批判の高まりを受け、同氏はすぐに謝罪。微博のアカウントを1カ月間停止すると表明した。しかし、当局は300万人超のフォロワー数を抱える同氏の影響力を恐れているようで、微博を運営する新浪は22日、同氏の公式アカウントを6カ月間凍結すると発表。くだんの発言だけでなく、彼女のこれまでの投稿が一切見られなくなった。

 これは完全な言論統制であり、日本や欧米諸国なら当局や運営会社に対して非難が殺到するはずだが、中国のネット上では「たったの6カ月間? 女の武器を使ったんだろ」「このアカウントは永久に禁止するべきだ」などと、依然として同氏への批判はやんでいない。

 同氏は、恋愛や結婚など男女関係に関する本を多く出しているだけに、今後の影響は大きそうだ。中国で活動できないようなら、ぜひ日本に拠点を移して、その優位性を発揮してもらいたいものだ。

(文=中山介石)

最終更新:2018/05/27 16:00
関連キーワード

中国“美人すぎる作家”「慰安婦はマシ」発言で大炎上 SNSアカウントも凍結に……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

森喜朗氏の女性蔑視発言が海外でもいじられている!

「東京オリンピック・パラリンピックの組織員会...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

「あなたをSFコメディ映画の主役に!」という日本橋三越本店の2019年新春福袋企画を...
写真