日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『あな家』“不倫ドラマ”の域を超える!?

『あなたには帰る家がある』中谷美紀&木村多江、渾身の演技で原作以上の恐ろしい修羅場展開に!“不倫ドラマ”の域を超える!?

『あなたには帰る家がある』公式ホームページより

 中谷美紀が主演するドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系)の第6話が5月18日に放送され、平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

 泣く子も黙る綾子(木村多江)の姿に視聴者は恐怖を感じたのか、それとも、同時間帯に日本テレビ系で放送された故・高畑勲監督の映画『かぐや姫の物語』(2013)に取られたのか、前回から視聴率は微減という結果に。しかし、その反比例するように、ストーリーは確実に面白くなっており、まだまだ楽しめそうです!

 それでは、今回もあらすじから振り返っていきましょう!

(これまでのレビューはこちらから)

■狂った綾子が佐藤家に押しかけ大騒動に!

 茄子田家の2人が突如現れたことで最悪になってしまった家族旅行から帰ってきた佐藤家。今までの異常な綾子の行動に困り果てた真弓(中谷美紀)は、太郎(ユースケ・サンタマリア)に直接話すと決意する。

 そんな中、娘の麗奈(桜田ひより)が、学校帰りに綾子と会い、お茶をしたと言う。動揺を隠せない真弓は、茄子田家に急いで向かうも、綾子は不在。代わりに海辺にいた太郎に会った。真弓はこれ以上問題を起こさないで欲しいと太郎に懇願。しかし、やり場のない怒りを感じている太郎の気持ちも察する。

 一方その頃、秀明(玉木宏)は対処しようと綾子に連絡を取り、誰もいない秀明の勤務先であるモデルハウスで会うことに。秀明は、愛していないとの本心を告白したところ、綾子はショックを受けその場を去っていった。

 翌日、いつもと変わらない朝を迎えた佐藤家。しかし、そこへ突如、綾子が現れ、麗奈の前で「秀明と愛し合っているから出て行け!」と真弓に言い放ち、騒動に。さらに、太郎もやってきて、ついには秀明がマンションの階段から落ちて大ケガを負った。

 太郎の両親と和解し何とか事態は収まったが、真弓は浮かない顔のまま。

 太郎は家を出て行った綾子を呼び戻し、夫婦関係を修復しようと話し合う。太郎は綾子を罵倒し、「反省して償え、家族のために尽くせ、それが約束できるならお前を許す」と泣きながら言う。しかし、綾子が出した答えは「許さなくていい。別れてほしい」だった。

 一方、真弓と秀明もお互い胸のうちを洗いざらい話し合った。秀明は今までの家族のままでいようと言うが、真弓は「もう無理。別れよう」と切り出す――、というのが6話のストーリーでした。


12
こんな記事も読まれています

『あなたには帰る家がある』中谷美紀&木村多江、渾身の演技で原作以上の恐ろしい修羅場展開に!“不倫ドラマ”の域を超える!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真