日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 少年がアナルセックスで終身刑?
衝撃の事実

香港でアナルセックスは重罪だった! 15歳の少年が終身刑の可能性も……

イメージ画像(Thinkstockより)

 香港で、15歳の少年が「人生終了」の危機に直面している。

 摩天楼が立ち並ぶ香港の中心部からやや離れた、新界の団地街――。14歳の少女の家に、ボーイフレンドがやって来た。少女の両親は外出していて、しばらく帰ってこない。それをいいことに、2人は少女の部屋でイケないことを始めた。ところが、予定より早く両親が帰ってきてしまった。行為に夢中でそれに気づかない2人。娘の部屋に誰かいることに気づいた両親が、部屋のドアを開けると……。

 娘が少年と真っ裸で交わっている最中だった。しかも2人は、なんとアナルセックスをしていたのだ。すぐさま両親は警察へ通報。少年は「鶏姦」(けいかん)の容疑で連行され、少女は診察のため病院に連れていかれた。

「鶏姦」とは、日本語では男性同士の性行為のことを指すが、中国語ではそれ以外にオーラルセックスやアナルセックスなどの行為も意味しているという。

 この事件を報じた現地紙「アップル・デイリー」によると、香港の法律では、男性が21歳以下の女性とアナルセックスをすることは犯罪行為で、有罪となれば最高で終身刑に処されるのだという。たとえ女性側の同意があっても罪に問われ、男性同士でも禁じられている。一般的には有期の禁錮刑に処されるようで、その軽重は女性の年齢や、男性との年齢差も考慮して判断されるという。つまり、相手の年齢が若いほど、そして年齢差が大きいほど、罪は重くなっていくというわけである。

 なぜ2人がノーマルなプレイではなく、あえてアナルセックスをしていたのか、また、そこまで重罪だったことを知っていたかどうかは不明だが、香港の司法当局に対しては、少年への寛大な措置を望みたい。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/06/09 16:00
関連キーワード

香港でアナルセックスは重罪だった! 15歳の少年が終身刑の可能性も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真