日刊サイゾー トップ > 海外 > エロ  > 少年がアナルセックスで終身刑?
衝撃の事実

香港でアナルセックスは重罪だった! 15歳の少年が終身刑の可能性も……

イメージ画像(Thinkstockより)

 香港で、15歳の少年が「人生終了」の危機に直面している。

 摩天楼が立ち並ぶ香港の中心部からやや離れた、新界の団地街――。14歳の少女の家に、ボーイフレンドがやって来た。少女の両親は外出していて、しばらく帰ってこない。それをいいことに、2人は少女の部屋でイケないことを始めた。ところが、予定より早く両親が帰ってきてしまった。行為に夢中でそれに気づかない2人。娘の部屋に誰かいることに気づいた両親が、部屋のドアを開けると……。

 娘が少年と真っ裸で交わっている最中だった。しかも2人は、なんとアナルセックスをしていたのだ。すぐさま両親は警察へ通報。少年は「鶏姦」(けいかん)の容疑で連行され、少女は診察のため病院に連れていかれた。

「鶏姦」とは、日本語では男性同士の性行為のことを指すが、中国語ではそれ以外にオーラルセックスやアナルセックスなどの行為も意味しているという。

 この事件を報じた現地紙「アップル・デイリー」によると、香港の法律では、男性が21歳以下の女性とアナルセックスをすることは犯罪行為で、有罪となれば最高で終身刑に処されるのだという。たとえ女性側の同意があっても罪に問われ、男性同士でも禁じられている。一般的には有期の禁錮刑に処されるようで、その軽重は女性の年齢や、男性との年齢差も考慮して判断されるという。つまり、相手の年齢が若いほど、そして年齢差が大きいほど、罪は重くなっていくというわけである。

 なぜ2人がノーマルなプレイではなく、あえてアナルセックスをしていたのか、また、そこまで重罪だったことを知っていたかどうかは不明だが、香港の司法当局に対しては、少年への寛大な措置を望みたい。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/06/09 16:00
関連キーワード

香港でアナルセックスは重罪だった! 15歳の少年が終身刑の可能性も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

366万票を獲得し、得票率では6割近くの支持を集めた現職・小池百合子氏。下馬評通り、今回...
写真