日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 生肉愛食者の体から巨大サナダムシ

【閲覧注意】体内から体長5メートルのサナダムシが!! 中国の生肉愛食者を襲う、寄生虫の恐怖

nama0145歳男性の体内から摘出されたサナダムシを持つ研究員

 中国の食文化といえば、野菜ですら生では食べないイメージが強いが、日本食やローフードブームの影響もあり、肉や魚を生食する人も増え始めている。

 ところが、それに追いついていないのが食品衛生事情だ。中国ではここ最近、生食が原因で寄生虫に蝕まれたというニュースが相次いでいる。

 3月、広西チワン族自治区南寧市にある病院の研究室で撮影された写真が、反響を呼んだ。そこに写っているのは、椅子の上に立ち、両手を大きく上に挙げた女性研究員の姿だ。よく見ると、彼女の手元からは細長い麺状の物体が垂れている。実はこれ、体長5メートルの巨大なサナダムシ。生魚や生肉を好んで食べていた45歳男性の体から摘出されたものだという。

 こうした寄生虫は、脳に達することもある。

nama0323歳女性の頭部MRI画像。白い点のようなものが寄生虫だという
nama04同じく太ももCTスキャン。白い影がすべて寄生虫だというから、ゾッとする

 3月23日付の「人民網」によると、安徽省の病院で、19歳の少年の脳内からマンソン裂頭条虫と呼ばれる寄生虫が発見された。彼は13歳の時から、頭痛や精神疾患などの症状にさいなまれてきたという。

 また、1月24日付の「南方都市報」によると、原因不明の全身痛を訴えて病院に駆け込んだ23歳の女性を、頭部MRIと全身CTスキャンで検査したところ、大脳から顔、太ももに至るまで、全身にびっしりと寄生虫が巣食っていることが判明した。彼女は、子どものころから日常的に豚肉を生で食べていたという。


12
関連キーワード

【閲覧注意】体内から体長5メートルのサナダムシが!! 中国の生肉愛食者を襲う、寄生虫の恐怖のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

中国の食文化といえば、野菜ですら生では食べないイメージが強いが、日本食やローフードブーム...
写真