日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 池松壮亮の大暴走、最終局面へ

池松壮亮が魅せる“土下座”エンターテイメント!! 大暴走は最終局面へ『宮本から君へ』第11話

テレビ東京系『宮本から君へ』番組サイトより

 世界でもっとも暑苦しいサラリーマン・宮本浩が大暴走する、池松壮亮主演ドラマ『宮本から君へ』(テレビ東京系)。先日、原作者・新井英樹のもうひとつの代表作『愛しのアイリーン』が吉田恵輔監督によって映画化され、9月14日(金)から劇場公開されることが発表されました。『宮本から君へ』全話の脚本・演出を受け持つ真利子哲也監督、今回カメオ出演したミュージシャンの峯田和伸を含め、多くのクリエイターたちが新井英樹ワールドを愛してやみません。『宮本から君へ』も『愛しのアイリーン』も、20年以上前に発表されたコミックなのに、何がそんなに読者の心を揺さぶり続けるのでしょうか。宮本の暑苦しさがマックスに達した第11話と共に振り返ってみましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

 宮本浩(池松壮亮)は都内の弱小文具メーカーに勤める新米営業マンです。なかなか仕事に興味を持てなかった宮本ですが、大手文具メーカーに所属する益戸(浅香航大)とクリアファイルの納品を争ううちに、営業魂に火が点いてしまいました。取り引き先となる大手製薬会社の峰岸課長(村杉蝉之介)が正式決定を下す直前のタイミングで、宮本が発注した新デザインのサンプルが完成。宮本と先輩の神保(松山ケンイチ)は会社に泊まり、ほんとんど寝ていませんが、気力だけは充実しています。サンプルが間に合ったことを素直に喜べと神保にツッコまれる宮本ですが、天の邪鬼な性格の宮本はうまく笑えません。「俺は幸せ貧乏だから。大きな幸せで喜んだら、きっと大きな不幸がやってくる気がして……」。この捻くれた性格こそが、宮本らしさです。

 新サンプルは完成したものの、峰岸課長に手渡す前に大きな難問が待っていました。仲卸業者「ワカムラ文具」の島貫部長(酒井敏也)に新サンプルの見積書を書いてもらう必要があったのです。島貫は宮本がこっそり新サンプルを準備し、自分の顔に泥を塗ったと思い込んでいるので、見積書を書く気はまったくありません。どうやって島貫を懐柔するのかと問う岡崎部長(古舘寛治)に対し、宮本は不敵にも「力ずくでも、書いてもらいまひゅよ」と断言するのです。かくして、宮本の狂気じみた大々暴走劇の幕が開くのでした。

 島貫と和解させたい文具問屋の安達(高橋和也)に付き添われ、宮本と神保は「ワカムラ文具」を訪ねますが、ちょうど益戸に誘われて島貫はお茶に出掛けるところでした。島貫にのんびりお茶をされていては峰岸課長とのアポイント時間に間に合いません。無視して進もうとする島貫と益戸の前に、宮本&神保が立ち塞がります。こんなケンカ腰状態で、見積書を書いてもらうことができるのでしょうか。

■池松壮亮の身体能力がハンパなくすごい!!

 長年の確執から、神保と益戸が口論の末につかみ合いを始め、乱闘寸前になります。すぐ横にいた宮本は流れ弾ならぬ流れパンチを浴び、鼻先から流血してしまいます。流れる赤い血が、宮本の闘争心を掻き立ててしまいました。宮本の獲物を狙う野獣のような瞳がメラメラと燃え始め、島貫たちのいる道路一帯の温度・湿度がぐんと上がります。

 ここからは、ひたすら宮本の“世紀の大土下座ショー”が繰り広げられることになります。宮本はアスファルトの匂いを嗅ぐように顔面を道路に擦り付けて、島貫に新サンプルを勝手に作った非礼を詫び、その上で見積書を書いてほしいと懇願します。この光景を益戸は黙って見ていられません。クールな営業を標榜する益戸にとって、土下座はいちばんありえない姿です。もし島貫がこの土下座を受け入れたら、益戸のこれまでの営業スタイルは全否定されたことになってしまいます。宮本が短気な性格であることを知る益戸は、道路と宮本の顔の隙き間に自分の靴のつま先を押し込み、「プライドはないのか。足でも舐めてろよ」と挑発します。でも、採用されるかどうか分からない1個のサンプルが、大勢の人々の想いや生活の上で生み出されたことを身を持って知った宮本は、顔を地面から離そうとしません。いや、益戸の靴のつま先に犬のように噛み付き、さらに「島貫部長! お願いします!」と詰め寄るのでした。

 もはや宮本は尋常な人間ではありません。恐怖を感じた島貫はその場から駆け出しますが、四つん這いの姿勢で宮本は追い掛けます。宙を舞う前方回転からの「ローリング土下座」が鮮やかに決まります。9点! 続いては頭を下げたままの姿勢で扇形にムーブして島貫の前に出る「土下座円月殺法」。9.5点! それすらも振り切って逃げようとする島貫に追いすがり、横断歩道で繰り出した命懸けの「グランド・アポロジー・デンジャラス・スペシャル」。10点! 土下座界の歴史を次々と更新する画期的な土下座プレイの数々を我々は目撃するのでした。タヌキ親父の島貫も、ついに「やめろって。見積書は書くから」と白旗を揚げる結果に。


12
こんな記事も読まれています

池松壮亮が魅せる“土下座”エンターテイメント!! 大暴走は最終局面へ『宮本から君へ』第11話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...
写真