日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 池松壮亮の大暴走、最終局面へ

池松壮亮が魅せる“土下座”エンターテイメント!! 大暴走は最終局面へ『宮本から君へ』第11話

 原作者の新井英樹は漫画家には珍しく、高校卒業までラグビー部に所属していたそうです。『宮本から君へ』の異様な熱さは体育会系ならではのものです。池松壮亮もラグビー経験者で、抜群の身体能力の高さを見せてくれました。宮本の見事な土下座ぶりは、瞬く間にちまたで噂になったようです。「ワカムラ文具」でいつも島貫にお茶汲みを命じられていた女子社員の富永ちゃん(桜まゆみ)がにっこり笑顔で、宮本たちを見送ります。ちなみに、この桜まゆみという女優さんは、安田顕主演映画『愛しのアイリーン』にも重要な役で出演しているので、新井英樹ファンは要チェックです。

 約束の時間ギリギリでしたが、宮本は何とか峰岸課長に新サンプルを手渡すことができました。サンプルは途中で車に轢かれて一部破損しており、そのことを指摘された宮本は大手製薬会社の受付けロビーいっぱいに響き渡るデカい声で「僕の落ち度で、そんな目に遭わせてしまいました!」と詫びるのでした。宮本の一点の曇りもない率直な謝罪に、峰岸も苦笑いでサンプルを受け取るしかありません。帰り際、「宮本さん、ごくろうさまでした」と峰岸課長はひと言掛けるのでした。これまで、ずっと営業先では名前で呼ばれることのなかった宮本の本懐が成就した瞬間でもありました。

 かつて有吉弘行はベッキーのことを「元気の押し売り」とネーミングしましたが、宮本の場合は「情熱の押し売り」です。宮本の強引すぎる営業方法は、新人だから辛うじて許されるものでしょう。入社5年、もうすぐ30歳を迎える神保には、宮本のような捨て身の土下座営業はもうできません。言ってみれば、宮本の営業スタイルは、初期衝動だけで突っ走るパンクロックのようなものです。才能やテクニックがなくとも、自分の胸の中に溜め込んだ感情をブチまけるのがパンクロックの魅力です。それは芝居も同じです。キャリアを積めば、表現力はそこそこ身に付きますが、ただ演技がうまいだけでは観客の心は動きません。パンクも芝居も営業も一緒です。目の前にいる人間の心を動かすことができるかどうかが、いちばんのポイントなのです。初期衝動に身を任せ、突っ走るだけ突っ走る宮本のことを、先輩の神保も上司である小田課長(星田英利)も、どこか懐かしい気持ちで見ています。社会人になってすぐの頃の自分の姿を、宮本の中に見ているようです。

 本作を撮った真利子監督も、『愛しのアイリーン』の吉田監督も、タクシードライバー役で一瞬だけ映った峯田和伸も、同じ気持ちではないかと思います。物づくりにいちばん大切なもの、初期衝動は、お前の胸の中で今も熱く燃えたぎっているのかどうかを、新井英樹のコミックは問い掛けてくるのです。いよいよ次回は最終回。大手製薬会社からの結果報告を宮本はどう噛み締めるのか。宮本の前に再び現われた小悪魔・美沙子(華村あすか)に、宮本はどう対応するのか。そして『宮本から君へ』のドラマ版が最終回を迎えることに、真利子監督はどうオトシマエをつけるのか。宮本最後の大暴走も見逃せません!
(文=長野辰次)

最終更新:2018/06/29 23:00
12

池松壮亮が魅せる“土下座”エンターテイメント!! 大暴走は最終局面へ『宮本から君へ』第11話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真