日刊サイゾー トップ > 芸能  > 市川紗椰&野島アナ半同棲報道のツケ

市川紗椰は露出激減、野島卓アナは出世レースから脱落……終わらない“半同棲報道”のツケ

市川紗椰 オフィシャルサイトより

 モデルでタレントの市川紗椰の露出が激減している。

 市川といえば、アニメや鉄道、相撲観戦など幅広い趣味を持つことで知られているが、芸能関係者は「人気モデルでありながら、自身の趣味を生かして男性顔負けの知識を披露することもあって、一時はテレビ出演に引っ張りだこでした。ところが最近では、その勢いがなくなってきています。やはり、スキャンダルが尾を引いていますよ」と語る。

 そのスキャンダルとは、1年前の去年8月に写真週刊誌「FLASH」(光文社)に報じられた、20歳年上男性アナウンサーとの熱愛スクープだ。

 当時、ともに報道番組『ユアタイム』(フジテレビ系)でメインMCを務めていた、同局の野島卓アナと番組終了後に仲良く野島アナのマンションに向かう様子などがキャッチされ、半同棲状態であると伝えられた。

「すでに2人は別れているようですが、あのスキャンダルで市川の評価はガタ落ちしました。寝る間も惜しんで取材・編集作業にあたり番組作りをしていた制作スタッフから総スカンを食らい、男性ファンも離れていきました。『ユアタイム』自体も開始からわずか1年半となる2017年9月に打ち切り。その結果、今ではテレビのレギュラーはゼロ。主な仕事は週刊誌のコラムとラジオ番組のレギュラーくらいで、もはや過去の人となってしまっています」(前出芸能関係者)

 一方の野島アナも、立場が危ういモノになっているという。

「もともとマジメなアナとして知られていたのですが、あんなことがあって、局内で浮いた存在になっています。フジテレビが力を入れ、人と金をつぎ込んでリニューアルしたはずの報道番組のMC同士で、しかもタレントに手をつけていたという不祥事に上層部も怒り心頭。あの件がきっかけで、出世レースからも脱落しましたよ」(放送関係者)

 お互い独身同士で“ゲス不倫”ではないが、悔やんでも悔やみきれない恋愛となってしまったようだ……。

最終更新:2018/07/16 10:00

市川紗椰は露出激減、野島卓アナは出世レースから脱落……終わらない“半同棲報道”のツケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真