日刊サイゾー トップ > 芸能  > 伊原六花“肩書き効果”はいつまで?

伊原六花「バブリーJKダンス」でブレイクも“肩書き効果”はいつまで?

フォスター公式サイトより

 今春に高校を卒業したばかりの女優・伊原六花がいきなり“CMデビュー”をゲットした。

 伊原は大阪府立登美丘高校ダンス部元主将として知られ、バブル時代の衣装を着たダンスで一躍有名に。荻野目洋子の名曲「ダンシング・ヒーロー」とのコラボダンスが話題となり、昨年10月には大手芸能事務所に所属が決まった。

 これまでに写真集もリリース、4月からはラジオ番組を持つなど順風満帆な活動を行っている。

 だが、芸能関係者は「“肩書き効果”による仕事が舞い込むのは、せいぜい1年が限度だと思いますよ」と指摘。

「それまでに結果を残さなければ彼女も苦労することになる。彼女の場合は、かつての人気歌手を“再ブレイク”させるほどのパフォーマンスで注目を集め、事務所もダンスの実力を買って芸能界デビューさせたのだと思いますが、女優としての実力は未知数です」(同)

 その大きな分かれ目になりそうなのが7月スタートのドラマ『チア☆ダン』(TBS系)での演技だ。

「他の出演者と比べても、やはりダンスの面でドラマを引っ張るのは彼女しかいない。そこで結果を残せるか。視聴率も大事なのですが、単にダンスが上手い子だけでは印象に残らない。どう工夫してインパクトがある女優としてやっていくか。いきなりの試練だと思いますよ」(同局関係者)

 チャンスをモノにできるか注目したい。

最終更新:2018/07/15 14:00
こんな記事も読まれています

伊原六花「バブリーJKダンス」でブレイクも“肩書き効果”はいつまで?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

いま注目の若手No.1芸人登場!

 ありそうでなかったチャラ男漫才でブレーク間近といわれるEXIT(いぐじぃっと)...
写真