日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 巨人の破廉恥トレーナーと球団の責任
週刊誌スクープ大賞

「何カップ?」と聞きながら突然胸を……プロ野球・巨人の“破廉恥トレーナー”と球団の無責任ぶり

「FRIDAY」( 7/27号、講談社)

今週の注目記事・第1位
「バカ親文科省局長の異常な愛情」(「週刊文春」7/19号)

同・第2位
「坂本弁護士一家殺害犯6時間告白テープ妻、娘、愛人は今・・・麻原女たちの骨肉の争い」(「週刊文春」7/19号)
「『劇画宗教』30年の総括/『俗物教祖』がエリートを心服させた洗脳技巧」(「週刊新潮」7/19号)

同・第3位
「横浜点滴殺人『黒い看護師』を<20人殺し>に駆り立てた潔癖症とイジメ」(「週刊文春」7/19号)

同・第4位
「私にエッチなマッサージをした巨人専属トレーナーを許さない-ワイセツ事件」(「フライデー」7/27号)

同・第5位
「安倍政権中枢へのカジノ『脱法献金』リスト」(「週刊文春」7/19号)

同・第6位
「添加物なし!『国産食品』リスト/『加工肉』を食べるならコレ!」(「週刊新潮」7/19号)

同・第7位
「死者・行方不明者200人!『西日本大豪雨』の教訓」(「週刊新潮」7/19号)

同・第8位
「紀州のドン・ファンは本当はいくら持っていたの?-全財産の明細が明らかに」(「フライデー」7/27号)

同・第9位
「認知症を防ぐ睡眠術」(「週刊文春」7/19号)

同・第10位
「大塚家具銀座本店の家賃が払えない『かぐや姫』の都落ち」(「週刊新潮」7/19号)

同・第11位
「水道民営化衝撃の正体」(「サンデー毎日」7/29号)

同・第12位
「5大商社の給与と人徹底研究」(「AERA」7/23号)

同・第13位
「日本社会に急増する『75歳以上』と寛大な気持ちで付き合う方法」(「週刊プレイボーイ」7/31号)

 今週は現代とポストが合併号でお休み。サッカーW杯はフランスの勝利で終わり、なんだか気の抜けた感じだ。

 今週はゴルフのほうではTHE OPENといわれる英国オープンの開幕。タイガー・ウッズが松山英樹と同じ組で回るそうだ。

 どちらもあと一歩足りないゴルフが続いている。PGAのゴルフツアーは早くも終盤戦。2人が優勝に絡む、そんなシーンを見せてもらいたいものである。

 さて、久しぶりに週プレを取り上げよう。週刊誌が老齢化したとはいっても、この雑誌の読者はまだまだ40台前後か。

 今週は、急増している「75歳以上」の後期高齢者と、どう寛容に付き合ったらいいのかという特集を組んでいる。

 私がこの欄でよくいっているように、人間は歳を取るとおっとりしていく、鷹揚になる人もたまにはいるが、ほとんどの老人は「暴走老人」になり、短気になるのだ。

 自分の体が思うように動かない、自分の思った事がすぐにできない、他人は年寄りだからと馬鹿にしていると思い込む。そういった諸々への不満や怒りが、すぐに感情となって噴き出してしまうのである。

 月に1000人の認知症患者を診るという長谷川嘉哉氏はこういう。

「私は認知症の予防段階から、初期、中期、末期、看取りまでのすべての現場に立ち会い、段階に応じた対策を考えてきました。そんな日々の中で実感するのが、『人は年齢を重ねていくと前頭葉の働きが衰え、感情を抑制しにくくなっていく』という現実です。
 一方、キレる高齢者などのニュースを見ていて思うのは、MCI(軽度認知障害)によるものではないかということです。
 MCIの人は、多少の物忘れなどはあるものの、日常生活に目立った支障が出ることは少ない。そのため医師の診断を受けていないケースも多いんです」

 そうか前頭葉が衰えているのか。親がこんなふうになったら要注意だそうだ。

「突然キレる」「同じ昔の話を繰り返す」「電話で話していると、いきなり『あんただれだったっけ?』」「待てなくなる」「家が荒れ放題」「財布がパンパン」「味覚がおかしくなる」「被害妄想になる」などがあれば、気をつけたほうがいいそうだ。

 認知症の初期によくあるのが、カネがない、カネを盗まれたといい出すことだ。うちの親父も、財布をひもで結んで首から掛けていた。

 だが、しょっちゅうそれを忘れて、財布がない、カネが盗まれたとぶつぶついっていた。

 それと、野球をテレビで観るのが好きだったが、70代の終わりごろから、テレビに映っている観客が俺のことを見て笑っている、バカにしてやがると怒り出し、以来、野球中継を観なくなってしまった。

 ここにもあるが、歳を取ってから異常に性欲が亢進するというケースがあるようだ。

「男性週刊誌では『死ぬまでセックス』的な特集が定期的に掲載されていますよね。前頭葉機能の低下は、理性のコントロールという欲望を制御する力も弱めます。性欲は枯れず、理性のコントロールが下がると、『異常性欲』という形で認知症の症状が出てきます。
 それまで理性的だった高齢者がセクハラ行為を働いたり、公の場で自慰行為をしたり、何十年も性交渉のなかった妻を押し倒したり、という事例は私も見てきました。
(対処法は)抗認知症薬の中には異常性欲に効果がある薬もあるので、投薬治療を行います。ちなみに、異常性欲は男性だけの症状ではありません。訪問診療の際、私の股間を触ろうとするおばあさんもいます。逃げながらやんわり拒絶すると、『触りたいんだから触らせてよ!』と」(長谷川氏)

 それにしてもこのタイトルが気に入らないな。寛容に付き合うとはどういういい草だ。こちとら年寄りだって、バカ者じゃない、若者と寛容に付き合っているつもりだがね。

123456

「何カップ?」と聞きながら突然胸を……プロ野球・巨人の“破廉恥トレーナー”と球団の無責任ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真