日刊サイゾー トップ > 芸能  > 中居とISSAの共演の裏に“NG”も

中居正広の前でISSAがサプライズ演出! その裏で「SMAP」はNGワードだった……

左:「Johnny’s net」、右:DA PUMP公式サイトより

 SMAPファンが歓喜したあの場面に、意外な裏話があった――。

 14日に放送されたTBS系の大型歌番組『音楽の日』で、DA PUMPが、司会で元SMAPの中居正広を前に「世界に一つだけの花」の振り付けを披露した。

 DA PUMPは“ダサかっこいい”がテーマの新曲「U.S.A.」を披露。曲の終盤に「世界に一つだけの花」の振り付けを踊りながら、ISSAが口パクのパフォーマンスを行った。

 これに中居は「いかしたことやりますね。ありがとうございました」と感激。ともに司会を務めた安住紳一郎アナウンサーも「ISSAさんが中居さんのことチラチラ見ながらやってましたね」と続けた。

 ネット上もSMAPファンから「DA PUMPありがとう」「最高でした」など感謝の声が殺到。だが、その裏で番組内では「SMAP」の4文字はNGワードに指定されていたという。現役番組ディレクターの話。

「この番組だけではないのですが、SMAPの元メンバーのいる前で『SMAP』というワードは原則NG。中居さん自ら振る分にはOKですが、他者がSMAP時代の話題を振ってはいけないことになっているんです。暗黙の了解というやつですか。これはテレビ各局同じだと思いますよ」

 だから、ISSAも決して「世界に――」の歌詞を発声しなかったし、「SMAP」の4文字も出さなかったのだ。

 前出ディレクターによると「誰かが言い出したわけでもなく、芸能界に携わる者全員がジャニーズ事務所に忖度しているんです。グループ解散の原因はメンバーの内紛以前に、メリー喜多川副社長の週刊誌でのSMAP批判がすべてですからね。その辺りを察して『触れない方がいい』という風になっているんです」という。

 当の中居はSMAPネタはウエルカムなようだが、周囲はそうはいかない。ファンにとっては歯がゆい状況が今後も続きそうだ。

最終更新:2018/07/21 08:00

中居正広の前でISSAがサプライズ演出! その裏で「SMAP」はNGワードだった……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真