日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 小室さん留学は結婚への既定路線?
週刊誌スクープ大賞

眞子さまも了解済み? 小室圭さんのアメリカ留学は結婚への“既定路線”だったのか

 ところで、日本会議の研究や森友問題追及でその名を揚げた菅野完というジャーナリストがいる。

 私は面識はないが、なかなかいいところに目をつけるジャーナリストだと思っている。

 だが、名が知られるということは、いいことばかりではない。菅野氏は、アメリカにいるときに女性に対する暴力事件で逮捕されていた「過去」があると現代が報じている。

 だがその前に、ひと言いっておきたい。安倍政権という「権力」に歯向かう人間は、籠池前森友学園理事長の例を挙げるまでもなく、権力の手先の官憲にしょっ引かれたり、不当に長く拘留されたりという、不当な扱いを受けることがある。

 菅野のケースがそうだとはいわないが、このような情報がメディアにリークされるのは、安倍首相が三選を目指していることと、まったく無関係ではないのではないか。

 そうした背景を考えながら、この記事を読んでいただきたい。

 97年8月、テキサス州キリーン市内のセントラル・テキサス大学に通っていた菅野氏が交際していた同級生の日本人女性を、電話料金を払え払わないと揉めて、電話機を彼女に投げつけケガを負わせたという。

 菅野氏は逮捕され、市の拘置所に収監された。その後、罰金650ドルと12カ月の保護観察処分がいい渡されたという。

 だが、判決の直前に再び、菅野氏は先の彼女を殴り、逮捕されているのである。

 菅野氏はすぐに保証業者に2,500ドルの保釈金を建て替えてもらって払ったが、その保釈中に菅野氏は、姿をくらまし、日本へ帰ってしまったというのだ。

 したがって海外に出たため、時効は止まったままである。しかも、彼は12年にも、初対面の女性に性行為を迫ったとして訴えられ、敗訴して110万円の支払いを命じられている。

 これでは女性への暴行常習者と見られても仕方あるまい。

 菅野氏は現代に対して、「ご指摘の内容は全て事実です」と認め、愚かだったと話している。

 現在は、「認知行動療法などのプログラムを受けている」そうだ。時効の件については、「今後は弁護士の指導のもと、急ぎ米国のしかるべき機関等に問い合わせ、詳細を確認したうえで、謝罪と刑事手続きを誠実に履行してまいります」と答えている。

 せっかく、ジャーナリストとして知られてきたのに、バカなことをと思う。遅かれ早かれ、こうした事実は明るみに出るに決まっている。

 何しろ、一強といわれる権力者の支援組織や、彼と彼の妻の昭恵が関与していた森友学園問題の闇を暴いたのだから、彼らが黙っているわけはない。

 ここは速やかに事を処理し、刑に服するなどしてけじめをつけて、雌伏何年か後に、ジャーナリスト活動を始めるしかあるまい。

 次は日大の「ドン」田中英寿理事長の話である。文春によれば、アメフト部の事件後、教職員組合から大学側に「解体的出直し」を求める要望書が出たが、そこに賛同し署名している教授たちへの報復人事が始まっているというのである。

 一方で田中氏は、「文科省に恭順の意を示すため、私学事業団を通じた年間九十億円を超える補助金の返上計画まで文科省側に打診してきているそうです。そこまでしても理事長の座を死守したいのです」(文科省関係者)。

 彼がドンの座から引きずり降ろされるのは時間の問題であろう。

 またまたスポーツ界が揺れている。スポーツ報知(デジタル版)7月29日付によれば、

「アマチュアを統括する日本ボクシング連盟(山根明会長)に助成金不正などの問題があるとして、都道府県連盟の有志で構成する『日本ボクシングを再興する会』が28日、日本オリンピック委員会(JOC)などに対し、27日付で告発状を提出したことを発表した。助成金の不正流用のほか、審判へ不当な圧力をかけて試合結果を操作した疑いなどを問題視。同会は今後も不正事実の告発を行う構えで、近く会見を予定している」

 そこには日本ボクシング連盟の「ドン」といわれる山根明会長が長年、組織を完全私物化してきたという背景がある。

 村田諒太も以前、アマチュア時代の連盟のやり方に異を唱え、文春が取り上げたことがあった。

 今回も村田は、自身のフェイスブックで「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」と批判し、世代交代を強く訴えた。

 この山根という男、周りにイエスマンばかりを置き、やりたい放題してきたが、その手本となったのが、ポストによれば、先の日大の田中理事長だそうである。

 2人は昵懇で、数十年来の仲だそうだ。しかも、今年の4月には山根が日大の客員教授に就任しているというのである。

 アマチュアスポーツ界を食い物にしてきた2人の男が、そろって批判にさらされている。これは時代の必然というべきであろう。

 先週新潮が、タモリ(72)が売れっ子脚本家・中園ミホ(59)とデキていると報じていることを紹介した。

 だが、新潮ともあろうものが、タモリへも中園へも直撃していない、不思議な記事だと書いたが、その理由がわかった。

 今週号で、タモリの所属している「田辺エージェンシー」の社長で、芸能界のドンである田邊昭知氏がいかにコワモテか報じている。

 今回のタモリの不倫について、田邊社長に電話したが、「なぜ僕の電話を知っているのか」と怒鳴られ、「言葉遣いはぎりぎり崩れなかったが、内容は切っ先鋭い刃のようで、ドスが利いている。約めれば、“オレを誰だと思ってるんだ”となる」と、その時の恐ろしさを記している。

 今回のタモリ不倫は、ワイドショーはもちろんのこと、スポーツ紙でも後追い記事はやらなかったそうだ。

 新潮によれば、田邊氏が自ら「書くな」ということはない。周辺の関係者が自発的にやる流れが出来上がっていて、それできちっと鎮火するのだという。

 以前、田辺エージェンシーに所属している夏目三久とお笑い芸人の有吉弘行が熱愛していて、夏目はすでに妊娠していると、日刊スポーツがスクープしたことがあった。

 これに激怒した田邊社長は、実際に付き合っていた2人をきっぱり別れさせ、スクープから3カ月後、日刊スポーツは「夏目三久さんに関する報道のお詫びと訂正」を一面に掲載したのである。

 このときにも書いたが、2人が別れさせられたとして、夏目の妊娠はどうなったのだろう。いまだに気になっているのだが。

 ということで、新潮といえども、ドンの前には抵抗し難く、あのような画竜点睛を欠く記事になったようである。

 あの記事では、後追いはやりにくいだろう。それとも文春が、もう一度チャレンジするか。あのタモリの不倫という極上のネタを放っておくのはもったいない、そう思うのだが。


12345
こんな記事も読まれています

眞子さまも了解済み? 小室圭さんのアメリカ留学は結婚への“既定路線”だったのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真