日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 千原せいじが「カッコいい」と話題

千原せいじのバンドT姿に音楽ファンから熱視線!「今回もカッコイイ」と話題に

千原せいじ 公式インスタグラム(@chiharaseiji)より

 7月31日放送の『世界の村で発見! こんなところに日本人』(テレビ朝日系)に出演した、千原せいじのTシャツが「今回もカッコイイわ」と注目を集めている。

 同日の放送では、千原がアフリカにあるナミビア共和国に住む日本人を訪問。35度の酷暑の中、職業訓練校に勤める26歳の日本人女性と交流するようすが放送された。

 日本とは異なる環境で奮闘した話や戸惑いなどを真摯に聞いていた千原。しかし、視聴者が気になったのはナミビアの環境ではなく、千原が着用していた“JOY DIVISION”のTシャツだった。SNSなどには、「せいじがJoy DivisionのジャケT着てて爆笑した」「せいじのTシャツが気になる。ファンなのか?」「スタイリストの趣味なのか、本人が好きなのかどっちだろう」などの声が上がっている。

「Joy Divisionは1970年代後半に活躍した、ポストパンクというジャンルを代表するイギリスのバンド。千原が着ていたのは、1stアルバム『Unknown Pleasures』のジャケットをデザインしたものです。同アルバムのジャケットはファッションに流用されることが多く、クリスチャン・ディオールの元デザイナーであるラフ・シモンズが同じ柄のデザインを使用するほど。千原はこのTシャツを気に入っているのか、今年4月にも自身のインスタグラムへ着用姿をアップしていました」(芸能ライター)

 千原が着用するTシャツはよく注目を集めており、「せいじのTシャツ毎回センスいいんだよなぁ」「アーティストTよく着ていて、いつもカッコいいと思ってる」「『こんなところに日本人』は、せいじのTシャツを見るのが楽しみのひとつ」との声も上がっていた。

「千原はハードロックバンド“FRONT CAB CIRCLE.se”というバンドを組むほど音楽好きとして有名ですし、以前は同番組でパンクバンド“Blink-182”やスラッシュバンド“D.R.I”などのTシャツ姿を披露しています。他番組やインスタでは“KORN”や“GREEN DAY”、“King Crimson”、“RAMONES”などのバンドT姿を披露し、『せいじはいっつもコアなバンドT着てて好感度上がるわ』『バンドTの趣味良すぎ。欲しいTシャツいっぱい』『風貌がめっちゃハードコアパンクスだし、本当に音楽好きなんだろうな』と話題になることも。いつもはパンクやハードコアバンドのTシャツが多い千原だけに、ポストパンクバンドのTシャツ姿はレアかもしれません」(同)

 意外なところで注目を集める千原。今後はどんなバンドTを着用するのだろうか。

最終更新:2018/08/01 16:30
こんな記事も読まれています

千原せいじのバンドT姿に音楽ファンから熱視線!「今回もカッコイイ」と話題にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真