日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 少女たちが夢を持つ『チアダン』3話

夢は言葉にすることで現実に近づいていく――ドラマ『チア☆ダン』第3話

TBS系『チア☆ダン』番組公式サイトより

(前回までのレビューはこちらから)

 学生時代は吹奏楽部に入っていた。全国大会へと続くコンクールが夏休みの間にあったが大して強いチームではなかったし、私自身も音楽の才能は全くなかったようで、重要なパートを任されることのない、目立たない存在だった。それでも、夏の思い出というと、きまって部活のことが浮かんでくる。

 体育会系の多くの競技も、夏休みの間に大会があるようだ。休み中であれば練習に集中できるという理由もあるだろうが、そもそも、夏は、若者がいろいろな面で成長する季節だというのも大きいと思う。灼熱の太陽の下で、少年も少女も少しずつ大人に近づいていくのだ。

 ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)第3話でも、物語は夏休みに突入した。

 目標であった人数8人を集め、無事に部活動として認められたチアダンス部。早速練習場所を探すわかば(土屋太鳳)だっだが、彼女たちに練習場所として与えられたのは、しばらく使われていない荒れ放題の建物だった。荷物を運び出し、中の片付けを始めるメンバーたち。それはまるで、自分の中でくすぶっていた「何かをやりたい」という思いを整理するかのようだった。

 深読みをするならば、そこには校長(阿川佐和子)の思惑があったのではないだろうか。同じ目標を持って集まったとはいえ、まだまだ結束力も弱い8人だ。特に気の強そうな人間や、協調性のない人間もいる。みんなで一緒に掃除をし、自分たちの場所を作るという作業は、それぞれの性格を見極め、結束力を高める一助となったことだろう。その狙い通り、部屋を手に入れた彼女たちは、一つ山を登ったような一体感を手にしていた。

 一方、教師の漆戸(オダギリジョー)は、いまだ顧問になることに迷いを抱く。彼はかつて、担当していたテニス部の男子生徒を厳しく指導し、怪我をさせてしまったことがあったのだ。その後、「パワハラ教師」と非難を受け、心身を病んでしまう。そのトラウマから、チアダンス部のメンバーとの関わり方に悩んだのだ。

 部室も片付き、いよいよ練習ができそうだという時、汐里(石井杏奈)が1枚のポスターを持ってくる。そこに書かれていたのは「チアダンス福井大会」の文字。日程は9月1日、まさにこの夏休みが勝負といえる。もちろん、全米制覇を果たした福井中央高校の「JETS」も出る。初めて直接対決するのだ。

 期限のある新たな目標ができたメンバーたちは、部室の壁に自分たちの意気込みを書く。「打倒JETS!!」「めざせ全米制覇」そんな言葉が、彼女たちの練習を見守る。

 汐里の思いつきによるものだが、これには大きな意味があったと思う。日本には「言霊」という文化がある。心に思っているだけのことでも、それを言葉や文字にすることで、今まで以上の力を発揮するというようなことだ。実際の霊的なものがあるのかどうかは知る由もないが、漠然と思い描いているものを具体化することで、考えがまとまり、やるべきことが明確になるという効果はあるだろう。


12

夢は言葉にすることで現実に近づいていく――ドラマ『チア☆ダン』第3話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

リアル記憶喪失体験マンガ

 マンガではよく「記憶喪失」、つまり主人公や...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真