日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ新人アナの“局内争奪戦”激化!

フジテレビ新人アナの“局内争奪戦”が激化! 杉原千尋・井上清華の両アナの運命は……?

フジテレビアナウンサー公式サイト「アナマガ」より

 近年、地味になったとはいえ、在京民放局の中で最も“タレント性”が求められるフジテレビの女子アナたち。今年も新人で女性2名、男性2名のアナウンサーが入社したが、局内では早くも水面下での“争奪戦”が始まっている。

 今年加わった女子アナは、国立音大出身の杉原千尋アナと、青山学院大出身の井上清華アナの2人。

「杉原アナはバラエティー志望、井上アナは情報番組志望ですね。9月の『27時間テレビ』の提供読みを経て、10月の秋改編から担当番組が決まります」(フジテレビ関係者)

 ボーイッシュな印象が強い杉原アナと、お嬢様な雰囲気が漂う井上アナ。例によって現場では“ご指名合戦”が繰り広げられているようだ。

「スポーツの現場で熱望されているのは井上アナですね。今までの傾向から、間違いなくアスリートウケがいいルックスをしてます。学生時代に『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のお天気キャスターを務めており、それで知っている者もいるほどです。もちろん、情報番組からのオファーもかなりの数があるでしょう。デビューは『めざましテレビ』のコーナーキャスターあたりが妥当かなと思います。報道からの引き合いもあるようなので、最初の人気は井上アナが優勢のようですね」(同)

 一方で、バラエティー志望の杉原アナだが「彼女はバラエティーには行かず、反対にスポーツや報道番組を担当しそうですね。本人は体を張ることもいとわない構えですが、今、バラエティー番組で激しいロケや体を張るコーナーに女子アナは行かせない風潮があるのは間違いない。まずは、与えられた仕事で結果を出してバラエティー番組担当をアピールしまくるしかないでしょう」(同)。

 近年は、若手でブレイクしている女子アナが少ないだけに、早く弾けてもらいたいものだ。

最終更新:2018/08/12 14:00

フジテレビ新人アナの“局内争奪戦”が激化! 杉原千尋・井上清華の両アナの運命は……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真