日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

“誤報”と“フェイクニュース”の狭間に──塩田武士『歪んだ波紋』が投げかけるもの【前編】

『歪んだ波紋』(講談社)

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪の声』(講談社)でブレークを果たすと、人気俳優・大泉洋に小説を“当て書き”してプロモーション展開するという挑発的なプロジェクト『騙し絵の牙』(KADOKAWA)を矢継ぎ早にリリース。そして今度は“誤報”をテーマに自身初の短編集となる『歪んだ波紋』(講談社)を上梓した。

 元新聞記者がつづる“誤報”にまつわる5編の物語。ネット上に氾濫する情報、ジャンクとフェイクニュース、誤報と訂正……日刊サイゾー編集部として、この耳慣れたテーマを内包する作品をスルーするわけにはいかなかった。

──よろしくお願いします。日刊サイゾーと申します。

塩田武士(以下、塩田) 存じ上げております。

──まずはその、我々の媒体の印象などを伺えませんか?

塩田 えーと……攻めてる感じがして……シニカルな……?(苦笑)

──う、困らせてしまってすみません。では、この5年くらいにエンタメ系のネットニュースサイトがドーンと増えていることについて、どんな風に感じてらっしゃいますか?

塩田 それはもう『歪んだ波紋』っていうタイトルの通り、少し前までは、やっぱり新聞、テレビ、週刊誌っていうのがあって、そこで伝わっていくイメージだったんですけど、Yahoo!が出てきて無料で幅広いものが読める状態になってからは、意識が変わってしまったなと。ひとつのニュース文化として定着しているとは思いますが、読み手としては、どこからどこがホンマかわからないっていうのは、やっぱりあるので。結局、ページビューの問題というのがあると思うんですけど、Yahoo!にできるだけ載せてリンクで誘導していく、そのリンクもなかなかクリックされないという話も聞きますし。サイトの価値として、「正しいか」っていうことと、「面白いか」っていうことがあると思うんですけれど、(サイゾーは)面白さで押していってはるというのは。

──そのつもりではあります、はい。

塩田 誤報というのも、やっぱり取材体制だと思うんですよね。どれだけファクトチェックするのか、取材源を確保しているか、その基準というのが各サイトによって違うのかなというイメージはあります。エイヤーで出してしまえるか、それとも、ちょっとここは裏付けをもっとしようとするか、サイトによってばらつきが出てきているのは感じます。

──私たちの職業を前提として読んでしまうと、誤報だとわかる瞬間、「これ、違うじゃねえか!」とか「つかまされた!」とか、その瞬間がものすごくリアルに描かれていて、それがもう苦痛で苦痛で。心臓がキューっと握りつぶされるような……実体験もあっての描写だとは思うのですが。

塩田 そうですよね、まずは誤魔化さなきゃって思ってしまう。

──なんとか逃げられないものかと……。

塩田 そこが人間の弱さですよね。僕も新聞記者時代に訂正を連発したので……。神戸新聞にいたんですが、社員からしたら「塩田が誤報の小説を書く」となったら、「どの口が言うねん!」みたいなことだと思うんですけど。今回5編書いてみて、やっぱり思ったのは、結局誤報って人の弱さにつながっていくという実感ですね。僕の場合は「つかまされた」というのはなくて、単なるケアレスミスだったりしたんですが、菓子折りを持って謝りに行ったり……経験者はグッとくると思います。つかまされた先輩もいましたけど、あのときの「えっ、ホントに騙すために全力で具体的にこれを作ったの?」っていう人間の悪意にゾッとすることもありました。

──作品の中では、「誤報」と「フェイクニュース」を意図的に使い分けているように見えました。定義するとしたら、どのようなことでしょうか?

塩田 悪意が介在するかどうか、自浄作用があるかどうか。僕はよく訂正を出したんですけど、「間違いでした」と謝れる場所があるかどうかだと思います。フェイクニュースには自浄作用がない。だからこそ拡散しやすいんですけど、そこにウソをつくための目的──例えば大統領選をどうしたいとか、それでお金を稼げるとか、そういう明確な意図や悪意があって広めるものが、フェイクニュースですね、分けるとすれば。

12

“誤報”と“フェイクニュース”の狭間に──塩田武士『歪んだ波紋』が投げかけるもの【前編】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

 コントのザ・マミィ、漫才の納言。今、波に乗る2組に注目芸人をたずねたところ、くしく...
写真