日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 夢のためには犠牲も『チアダン』5話

夢を追うために誰かを傷つけてしまうことだってある――ドラマ『チア☆ダン』第5話レビュー

TBS系『チア☆ダン』番組公式サイトより

(前回までのレビューはこちらから)

 いわゆる青春モノのドラマには、エピソードとして欠かせないイベントがいくつかある。クリスマスやバレンタインデーが定番だが、「文化祭」というのもそのうちの一つだ。当日の出し物に加え、練習や準備の時間も多く、そのあたりも含めてのストーリーが作りやすいということもあるだろう。そして、この「定番イベント」をどう描くかで、ドラマ全体の面白さが決まってくる。

 ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)第5話は、そんな学校生活での一大イベントである文化祭についての物語だった。

 お祭りでのチアダンス成功を受け、2人の入部希望者が現れたROCKETS。気持も新たに練習に向かったわかば(土屋太鳳)たちが目にしたのは、壁のいたずら書きや、切り裂かれた垂れ幕など、荒れ放題になった部室。チアダンス部と対立する、チアリーダー部の望(堀田真由)らの仕業だった。

 仕返しに行こうとするメンバーをわかば(土屋太鳳)は止める。「今はキレイな部室で新入部員を迎えるのが先」。そう言って片付けを始め、新入部員となった芙美(伊原六花)とカンナ(足立佳奈)を迎え入れ、新たなスタートを切るROCKETS。お祭りの評判も上々で、商店会からはお礼として、練習用の鏡を贈られる。

 教師の漆戸(オダギリジョー)も、彼女たちの頑張りを見て、励まされる。顧問としてできることを続けるうちに、徐々に昔の自分を取り戻していた。そして彼は、チアダンスのコーチを探すため東京へと向かうのだった。

 発表の場である文化祭が近づいてくる。場所と時間の抽選に臨んだわかばは、「15時から体育館」という好条件を引き当てる。しかし、同じ時刻、中庭ではチアリーダー部が発表をすることとなる。奇しくも、因縁の二つの部が競い合うこととなるのだ。

 実は、望がわかばたちにつらくあたるのには理由があった。わかばは、高校に入学した頃、希望していた福井中央高校に行けなかったことで落ち込んでいた。そんなわかばを励まし、チアリーダー部に誘ったのが望だったのだ。チアダンス部を立ち上げ、いきいきとしているわかばに嫉妬心もあるのだろう。そんな経緯もあり、わかばは望にキツく言うことができないでいたのだ。

 文化祭に向けての練習に励む中、芙美がチアリーダー部の女子とモメて怪我をしてしまう。さすがに我慢ができなくなり、チアリーダー部に乗り込んでいくわかば。望に向かって言う。

「私には何をしてもいい。でも仲間を傷つけることは許さない」

 しかし、望は「あんただって仲間を傷つけただろ」と言い返す。

 わかばは、望とチアリーダーをやっていた頃、2人で聴いた、SHISHAMOの「明日も」に感動し、この曲を文化祭で一緒に踊ろうと約束していたのだ。しかし、結果として二人は別れ別れになり、その思いは果たせなくなった。

 夢を追うことで、誰かを傷つけてしまうことは確かにある。誰かとの約束と、自分のやりたいこと、二つの板挟みになって、どちらを優先したらいいか悩むこともあるだろう。でも、どんなに気を使っていても、人を傷つけずにいることはできないと思う。それを最小限に留める努力は必要だろうが、気に病みすぎて何もできないのはもったいない。

「傷つくのを恐れない」という言葉もあるが、どちらかというと「相手を傷つけることによって自分が傷つくことも恐れない」のが大切だ。そして、何か自分の思いを遂げるために誰かを傷つけてしまったら、その痛みはしっかりと受け止め、噛み締めて欲しい。それはまた、自分が新たな困難に立ち向かっていく時の力になるはずだ。

12

夢を追うために誰かを傷つけてしまうことだってある――ドラマ『チア☆ダン』第5話レビューのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真