日刊サイゾー トップ > インタビュー  > いま注目の若手No.1芸人登場!
テレ東『ゴッドタン』出演で話題沸騰中

「俺たち“ネオチャラ”目指してるんで!!」チャラ男漫才でブレーク間近のEXITが、世の既成概念をかき回す!?

 

撮影=尾藤能暢

 ありそうでなかったチャラ男漫才でブレーク間近といわれるEXIT(いぐじぃっと)が「結成11カ月でルミネ単独、しかも即完」という吉本史上最速の記録を打ち立てている。『ゴッドタン』(テレビ東京系)では「いま注目の若手No.1」と紹介され、「実は真面目」疑惑も話題を呼んでいる。東京の遊びをコンプリートした(設定の)EXITが、一方で「コンプライアンスゴリ守り芸人」を自称する裏には、どんなドラマが潜んでいたのか? そもそも「チャラさ」とは、「笑い」とは――。われわれの既成概念をひらりとすり抜ける2人の、「EXIT」を探る。

***

――『ゴッドタン』放送前と後って、やっぱり反応とか環境とか、変わるものですか?

兼近 オンエア見て、すげぇいい編集されてたんで、女性人気ハンパねぇんじゃねぇかって。あ、これくるなぁ、モテモテだぁと思ったんですけど、街歩いてても、声かけてくるのは9割男っす。

りんたろー。 芸人の出待ちって、普通女の人しかいないはずなのに、俺らは半分ぐらい男(笑)。

――「好きです」みたいな?

りんたろー。 半分は「やっぱり真面目なんでしょ?」イジリですね。僕はもともとパリピなんで、クラブも結構行くんですよ。そうすると、「キャラ守ってて、真面目っすね」「さすがっすね」みたいな(笑)。いやいやいや、キャラ作りでクラブ来てねえし。

――ネタがやりにくくなるってことはなかったですか?

りんたろー。 そこは心配してたんですけど、実際は好感度爆上がりして、逆にウケるっていう謎の現象(笑)。

兼近 もしかしたら最初からお客さんは、マイクの前でチャラ男のフリしてる2人だと思ってたっていう可能性はありますね。

――お客さんには、とっくにバレてたと。

りんたろー。 コイツ、普通に酔っぱらった女の子を担いであげたりするんですよ。

――それは……お持ち帰り目的などではなく?

りんたろー。 歌舞伎町で泥酔した女の子が男の人に絡まれてて。連れて行かれそうになってたところを、コイツが「すみません」って言って助けて。その子担いで、彼女が行きたいバーまで連れてってあげたりとか。

――まだ飲むんかい!(笑)

りんたろー。 そうなんですよ! 「そんなに酔っぱらってつぶれてるのに、まだ飲みに行くなんていう子、放っときなよ」って言ったんですけど。でもコイツ、そういうことができないんですよ。しかも、連れて行って戻ってきたら道端にその子のヒールが折れて落ちてて、そのヒールまで届けてた。

兼近 でも、りんたろー。さんも、「しょうがねえなぁ」って言いながら待っててくれるんですよ。

――優しい……。

りんたろー。 いや、弟みたいな感じなんですよ。いろんなことがあって、スレたり人を信じられなくなってたところにコイツが現れて。「ジャンプ」の主人公っているじゃないですか? 『ドラゴンボール』の孫悟空しかり、『ワンピース』のルフィしかり。コイツ、本当にそんな感じなんですよ。

兼近 それ言われると、ハードル上がっちゃうから!(照)

――筋斗雲乗れちゃう感じなんですね。

りんたろー。 たぶん乗れますね(笑)。


1234
こんな記事も読まれています

「俺たち“ネオチャラ”目指してるんで!!」チャラ男漫才でブレーク間近のEXITが、世の既成概念をかき回す!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真