日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > “自称タイムトラベラー”が続出中

「タイムマシンで17世紀の中国へ送られた」「4932年からやって来た」“自称タイムトラベラー”が続出中!?

イメージ画像

「タイムトラベルは可能」

 シドニー大学哲学科のクリスティ・ミラー准教授が豪「ABC NEWS」(9月1日付)に語った「ブロック宇宙論」が話題となっている。

 それによると、宇宙の始まりであるビッグバンからその終焉のビッグクランチまでの森羅万象がひとつのブロックに納められており、その中では、時間は流れ去るのではなく過去も未来も恒常的に存在しており、理論的には行き来することが可能だというのだ。

 ここ数年、ブロック宇宙論は専門家や一部マニアの間で新理論として注目されてきたが、一般紙に取り上げられるのは異例のことである。

 新しい時間の概念が広まる中、自身をタイムトラベラーだと明かす人々が続出している。

 英タブロイド紙「デイリ―・エクスプレス」によると、イギリス政府の極秘任務で、17世紀の中国に派遣されたという人物がネット上で注目されている。

 彼はもともと、ロンドンにあるGlobus(グローバス)という名の秘密の政府系研究所で働いていた。同研究所では、異種動物の交雑やテレポーテーションなどの実験を行っており、小惑星から採取した放射性物質を動力とするタイムマシンも開発していたという。

 そのタイムマシンで17世紀の中国へ送られたと主張する彼だったが、そこで中国の兵士から逃げている際にスイス製の時計を紛失したという。

 実際、2008年には広西チワン族自治区にある明代(1368~1662年)の古墳から、腕時計型の指輪が発見されている。さらにこの指輪には、Swissと読める刻印も施されていたのだ。腕時計が発明されたのは19世紀になってからであり、つじつまが合わないとして話題となった。彼は指輪とされているこの出土品こそ、自身が紛失した腕時計だと主張している。

 彼によると、このタイムトラベルプロジェクトには、イギリスのほか、ロシアとアメリカも携わっているという。しかし、4000年以上時間をさかのぼった人々の多くは現代に帰ってきていないといい、危険が伴うミッションであるようだ。また彼は、イエス・キリストが生存している時代にタイムトラベルすることは、カトリック教会が禁止しているとも明かしている。

 一方、遠い未来から時代をさかのぼって現代にやって来たと主張する男性も。YouTube上の番組で4932年からやって来たと明かす男性は、第56代アメリカ大統領となる男児が9月12日に生まれていると言及。Jaynou Oliver Beckというその名前まで明かした。

 すると、あるネット民が「うちの病院で9月12日に生まれた男児が、Jaynou Oliverと名付けられた」と反応し、注目が集まった。

 ただこのタイムトラベラーによると、くだんの男児は2082年11月に大統領に当選するも、2084年7月に暗殺されるとしている。

 果たしてこの話は本当なのかどうか? われわれ一般庶民は、とりあえずその年まで生きて事実を確認するしかない。

最終更新:2018/10/02 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「タイムマシンで17世紀の中国へ送られた」「4932年からやって来た」“自称タイムトラベラー”が続出中!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真