日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉沢明歩がAV引退のワケ

“レジェンド”吉沢明歩がAV引退!「どんどん追い詰められ……」

取材対応も素晴らしかった、あっきー。

 AV女優の吉沢明歩が1日、自身のブログで、来年3月末をもってAVを引退することを発表した。

 今年でAVデビュー15周年を迎えた吉沢だが、「20周年を目指して走る自分をどうしても受け入れられなかった」といい、「ここをターニングポイントとして新たにスタートする生き方を選択させてもらいました」と明かしている。

 また「アサヒ芸能」(徳間書店)のインタビューでは、引退を決めたそもそもの始まりは、レンタルAVメーカーからセルAVメーカーへの移籍によって、より自分をアピールしなければならなくなったことだと言及。たびたび淫語を使うようになったり、日常ではなかなかありえないプレイにどんどん追い詰められ、「もう無理かもしれない」と思うようになってしまったという。

 吉沢といえば、2003年のデビュー以降、たちまち人気女優の仲間入りを果たし、テレビドラマ『嬢王』(テレビ東京系)をはじめ、映画などにも出演。さらに08年からは恵比寿マスカッツのメンバーとして活躍し、幅広いファンを獲得してきた。

 また、お笑い界でも、明石家さんま、今田耕司、ケンドーコバヤシ、南海キャンディーズの山里亮太などが、彼女のファンであると公言している。

 そんな彼女の引退発表に、ファンからは「ありがとう」「お世話になりました」「平成が終わることを再認識させられた」といった声が寄せられているが、AV業界の近況について、業界に詳しいライターはこう明かす。

「AVの主な流通経路としては、レンタル・セル・動画配信の3パターンがありますが、TSUTAYAの閉店が相次いでいることからわかるように、レンタル市場の縮小が著しい。セル市場も、各メーカーが制作費の安い企画モノを次々と出し、タイトルを増やすことでなんとか持ちこたえてはいる。そんな中、女優にはどんどんと過激なプレイが求められるのに、ギャラは安く、正直“やってられない”という状況。新陳代謝が激しい業界だけに、大ベテランである吉沢の居場所がなくなっていたのも事実です」

 とはいえ、15年も第一線で活躍してきた吉沢は、まさにレジェンド。中国や台湾でも高い人気を誇ってきただけに、引退後の活躍も期待したい。

最終更新:2018/10/04 18:00
こんな記事も読まれています

“レジェンド”吉沢明歩がAV引退!「どんどん追い詰められ……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真