日刊サイゾー トップ > 社会  > 「渋谷ハロウィン」に来年はない!?

地域経済への貢献度はゼロ……ついに暴動となった「渋谷ハロウィン」に来年はない!?

(イメージ画像 Photo By Dick Thomas Johnson from Flickr)

 ついに暴動になってしまった。31日のハロウィン当日を前にした週末。各地でハロウィンイベントが開催されたが、渋谷では集まった若者たちが、通りがかった軽トラックを横倒しにするなどの暴徒と化す騒ぎとなった。

 近年、日本各地でもイベントが開催されるようになったハロウィン。中でもこの時期の渋谷はコスプレ仮装で盛り上がる街として注目を集めてきたが、地域の住民にとっては受け入れ難いものになっていた。

 今年、渋谷区では長谷部健区長が記者会見で、渋谷駅のコンビニエンスストアなどに瓶入りのアルコール飲料の販売自粛を要請するなど、異例な動きも見られた。だが、そうした自粛の呼びかけもむなしく暴動が起こってしまった格好だ。

 地域の商店にとって、ハロウィンは決して歓迎できるイベントではないといえる。

「確かに多くの人が集まりますが、路上で騒ぐばかりで店舗の売り上げが通常の週末と比べて大して増えるわけでもありません。むしろ、混雑を嫌って渋谷に来ることを回避する人のほうが多いのではないでしょうか。何より、ゴミのポイ捨ても増える一方ですし。もっと規制を強化してほしいものです」(地域の商店主)

 渋谷の場合、ハロウィンは最初から、ルールやマナーもなく乱痴気騒ぎを目的とした若者が集まる場となっている。そのため、駅周辺の商店の中には、暴徒を避けて早じまいする店舗も出てきているほど。イベントとして家族連れも楽しめるような川崎や池袋とは、まったく違うものになってしまっているのだ。

「今回、軽トラックが横倒しにされる映像がネットで拡散されたことで、渋谷のハロウィンが暴動になっているというイメージは拡散しています。今後、警察による規制も強化されるでしょう。地域の経済に寄与しないハロウィンは、もう必要ない行事ですね」(区役所関係者)

 記者会見で長谷部区長は「ルールとマナーを守って」と呼びかけたが、それはまったく実らなかった。ネットでは、暴徒が去った翌朝の大量のゴミが散乱する街の様子も拡散している。

 もはや、単に暴れたい一部の愚か者を除けば、誰も歓迎しない渋谷ハロウィン。もう来年には、渋谷でカボチャの飾り付けを見ることもなくなるのではないかとまでいわれている。
(文=大居候)

最終更新:2018/11/01 09:51

地域経済への貢献度はゼロ……ついに暴動となった「渋谷ハロウィン」に来年はない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真