日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 伝説の犯罪ドラマが初パッケージ化!!

視聴率26%を記録した『吉展ちゃん事件』ほか、伝説の実録犯罪ドラマ6本が初パッケージ化!!

泉谷しげるにとって初のドラマ主演だった『戦後最大の誘拐 吉展ちゃん事件』。撮影期間中は他の仕事を断って、犯人役に成り切ることに集中した。

 2時間ドラマといえば、フォーマット化され、サスペンス性には程遠い世界という印象を持つ世代には、相当の衝撃があるに違いない。テレビ朝日で40年にわたって放映された老舗2時間ドラマ枠「土曜ワイド劇場」で1979年にオンエアされた『戦後最大の誘拐 吉展ちゃん事件』は、実録犯罪ドラマの先駆的な作品だった。泉谷しげるが俳優として大ブレイクするきっかけとなった『吉展ちゃん事件』をはじめとする2時間ドラマの傑作の数々をセレクトした「実録・昭和の事件」シリーズが、DVD BOXとして初めてパッケージ化された。どの作品も事件当事者の目線から描かれた内容で、「よくテレビで、しかもゴールデンタイムに放映できたなぁ」と思うほどの毒々しさが感じられる。

 ベストフィールド社から今年9月にリリースされた「実録・昭和の事件」シリーズに収録された作品は、2時間ドラマの黎明期といえる1978年から83年にかけて放映された作品6本。演技派俳優・大地康雄が“電波系殺人鬼”川俣軍司を怪演した『深川通り魔殺人事件』、大楠道代の妖艶さが目に焼き付く『滋賀銀行九億円横領事件 女の決算』、沖縄返還問題の裏事情を暴いた『密約 外務省機密漏洩事件』、大麻不法所持で逮捕されるなどトラブル続きだった萩原健一が死刑囚を演じた『宣告』、アカデミックハラスメントを題材に三國連太郎と三浦リカが共演した『ザ・スキャンダル 女子大生と老教授、謎の四日間』と見応えたっぷりな作品ばかり。今回は初放映時に視聴率26%と、それまでの「土曜ワイド劇場」で最高視聴率を記録した『吉展ちゃん事件』をイチ推し作品として紹介したい。

 東京五輪を翌年に控えた63年に“吉展ちゃん事件”は起きた。時計ブローカーだった小原保(当時32歳)は東京都台東区の公園で見かけた4歳の男の子・吉展ちゃんを連れ去り、吉展ちゃんが眠っている間に絞殺。借金に追われていた小原は吉展ちゃん宅に「金を受け取ったら子どもを返す」と電話を掛け、身代金50万円を要求。警察の捜査網をくぐり抜けた小原は50万円を持ち去ることに成功する。事件発生から2年後となる65年になって小原は別件逮捕され、吉展ちゃんは白骨化した姿で発見された。

 警察とマスコミが報道協定を結んだ初めての誘拐事件であり、公開捜査になってからは脅迫電話を掛けた犯人の肉声がテレビやラジオで流されるなど、日本中を震撼させた凶悪犯罪だった。だが事件発生直後の警察は、小原が電話で要求した身代金が50万円と少額だったために悪戯だろうと思い込んでいた。さらに警察は小原に渡す現金の紙幣ナンバーを控えず、受け渡し現場に到着するのにも遅れて、50万円を手にした小原をみすみす逃してしまった。その上、電話の声を「40~50代の男性」と推定し、30代だった小原を容疑者リストから外してしまう。ドラマでは数々の失態を重ねた捜査本部の不手際を厳しく指摘している。短絡的な凶行に及んだ犯人側だけでなく、警察側の問題点を批判する姿勢は今のテレビドラマにはないものだろう。

 東宝出身の恩地日出夫監督が撮った『吉展ちゃん事件』が“伝説の2時間ドラマ”と呼ばれるようになったのは、やはり犯人・小原役を演じた泉谷しげるの熱演によるところが大きい。フォークシンガーとして人気のあった泉谷だが、75年に吉田拓郎、井上陽水、小室等と共に設立した「フォーライフ・レコード」を吉田拓郎らと口論の末に77年に離脱。当時の泉谷はミュージシャンとしては、厳しい状況に追い込まれていた。そんなときにオファーされたのが、多くの俳優たちが断った誘拐殺人犯・小原役だった。

 泉谷にとって本格的なドラマ出演は初めてだったが、ふてぶてしさとナイーヴさが混在した表情はプロの俳優にはないものだった。小原と同様に泉谷も子どもの頃から脚に障害があり、片足を引き摺って歩く姿はとてもリアルで生々しい。10歳年上の内縁の妻を演じた市原悦子を「おばさん」と呼んで甘える仕草も印象に残る。五輪景気には無縁のまま、社会からドロップアウトしてしまった男の哀しみが画面の中の泉谷からは漂っている。

12

視聴率26%を記録した『吉展ちゃん事件』ほか、伝説の実録犯罪ドラマ6本が初パッケージ化!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

 コントのザ・マミィ、漫才の納言。今、波に乗る2組に注目芸人をたずねたところ、くしく...
写真