日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 父親の過剰スキンシップは虐待?

スキンシップか、性的虐待か……電車内で娘の服をめくり上げキスをしまくる父親に、世論が二分

人目もはばからず、娘の服をめくり上げ、キスしまくる父親

 中国の電車内で撮影された1本の動画がインターネット上に公開され、物議を醸している。動画では、男がヒザの上に幼い女児を向かい合わせに座らせ、その子の服をめくり上げて体をなで回し、さらには尻をまさぐりキスをしまくる――。しかも、その女児と男は実の親子だったというから話は複雑だ。

「未来網」(11月2日付)などによると、事件は広東省広州市から江西省に向かう高速鉄道の車内で起きた。周りには女児の母親や祖母もいたが、2人はスマートフォンに夢中で、父親の行為を気にも留めていなかった。ところが、女児が「痛い、もう私のお尻を触らないで」などと嫌がっていたため、動画の撮影者が鉄道警察に通報した。

 男から事情を聞いた鉄道警察は、中国版Twitter「微博」の公式アカウントで「当事者(男、30歳)と女児(5歳)は親子関係であり、違法なわいせつ行為には当たらない」と投稿。男の行為になんら問題はないとの見解を示した。

 ネット上では「これを止めずして、子どもがどうやって健全に育つっていうんだ?」「この男は、自分の娘を愛人と勘違いしてる」「もしこれが違法でないなら、この世界は恐ろしすぎる」などと非難が殺到した。

 専門家の間でも意見は割れている。北京の法律事務所に勤める周浩弁護士は「親子やきょうだい間でのキスは愛情表現であり、自分の性欲や刺激を満たして初めて、わいせつ行為と認定される」と当局の見解を支持する。一方で、中国青少年研究中心研究院の洪明相氏は、児童わいせつは農村部や地方都市に比較的多いと指摘。両親が出稼ぎに出ていて家にいないことが多く、普段会えない分、子どもへの愛情が過剰に働いてしまうケースもあるという。

 女児が、将来にわたって心に深い傷を負うようなことにならなければよいのだが……。

(文=中山介石)

最終更新:2018/11/07 18:00

スキンシップか、性的虐待か……電車内で娘の服をめくり上げキスをしまくる父親に、世論が二分のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真