日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 北朝鮮砲撃に、韓国の若者は…

北朝鮮の砲撃に「みんなで一緒に死ぬのも悪くない」韓国“7放世代”の冷ややかな反応

korean082501wb.jpgイメージ画像 Photo By Huju Sin from Flick.

 北朝鮮軍が埋めた地雷で韓国軍兵士が重傷を負った事件への報復として、韓国軍は11年ぶりに宣伝放送を再開。これに強く反発した北朝鮮は20日、韓国に向け砲撃し、準戦時状態を宣言するなど南北の緊張が高まっていた。25日、北朝鮮は「準戦時状態」解除を宣言し、事なきを得たが、韓国の若者たちの反応はとても冷ややかだ。

 今の韓国の若者世代は、恋愛、結婚、出産、マイホーム、人間関係を放棄した「5放世代」。さらに、希望と夢をも捨てた「7放世代」といわれるほど、未来にさほど期待してはいない。そうした状況を反映するかのように、今回の砲撃に対してもかなり厭世的な意見が多く、ネット上には「このまま戦争が起きても別に構わない」といったコメントがほとんどだ。「戦争になれば、不況、就職難から解放される」「出世のチャンスが訪れるかもしれない」「これ以上失うものなんてないから、全部滅びろ」など、戦争を怖がるどころか、ひとつのチャンスだと捉えているフシもある。戦争を起こしてでも、現実逃避したいという気持ちすら感じられるのだ。極端ではあるが、「最悪の場合、みんな一緒に死ぬからそれも悪くない」という者までいる。いっそのこと、戦争ですべてリセットされることに、より多く期待を寄せているのが、今の韓国の若者世代といえるのだ。

 それに、1999年に発生した「第1延坪海戦」、映画にもなった2002年の「第2延坪海戦」のほかにも、今まで何度も繰り返されてきた北朝鮮の挑発に対し、いら立ちを通り越して面倒臭さも感じているらしい。いまや、売られたケンカは買うのが礼儀、という雰囲気すら漂う。戦争に対する不安や恐怖などはそれほど感じられず、「ここまで挑発してんだから、もう戦争するしかない」「イチかバチか、はっきりさせようじゃないか」といったコメントが目立つ。ただ、万が一戦争になったとしたら、戦場へ向わされるのは彼らだという意識がしっかりあるかどうかは謎だ。

 戦争に関するデマが広がるのも、若者世代が感じる絶望の表れなのかもしれない。

12

北朝鮮の砲撃に「みんなで一緒に死ぬのも悪くない」韓国“7放世代”の冷ややかな反応のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真