日刊サイゾー トップ > 社会  > 英国へ「ホラー作品」の郵送は禁止?

知らなかった! 日本からイギリスに「ホラー作品」を郵送することは禁止されている?

【校正待ち】知らなかった! 日本からイギリスに「ホラー作品」を郵送することは禁止されている?の画像1
※イメージ画像

 イギリスには郵便でホラー作品を送ることができない。そんな「禁制品」扱いの存在が、にわかに注目を集めている。

 話題の発端になっているのは、郵便局のサイトに記載された各国別の禁制品などを記したページ。この中の「英国(ガーンジー、マン島及びジャージーを含む。)イギリス、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国」のページに、確かにそのような項目が存在する。

 禁制品として「恐怖物語、そのレコード又は映画」という記載があるのである。ネット上には、イギリスに書籍を送ろうとした時に窓口で、そうした内容のものではないかを確認されたという体験を記している人もいる。

 イギリスといえば、ゴシックホラーの本家でもある国。そんな国が、実際に規制している<恐怖物語>とは何なのか。そして、それはいつから規制されているのか、郵便局に尋ねて見ると……。

「資料でわかるのは、1983年にはイギリスからの通知で記載されているということです。この年に始まったのか、それ以前からあったのかは、わかりません」(日本郵便広報室)

 郵政省の時代にさかのぼるため、それ以前の状況はわからないが、少なくとも1983年の時点ではリストに記載されていたのは確かだという。

「日本側としては、イギリスからの通知を受けて禁制品として掲載したものです。資料には“ホラーコミックス&マテリアルズ”と英文で書かれているのですが、これが<恐怖物語>という和訳になった経緯は不明です。近年では2007年にイギリスから禁制品リストの更新が通知されたのですが、その際にも記載の変更がなかったので、そのままになっています」(同)

 あくまで、日本側としてはイギリスの郵政当局からの通知を受けて、禁制品として掲載しているというだけのこと。とはいえ、受ける側にも疑問がないわけではない。

「ただ<恐怖物語>という和訳が適切かどうかという意見は社内でもありますので、今後、言葉を換えることも考えられます」(同)

 ちなみに、実際に通常郵便やEMS(国際スピード郵便)などでホラー作品を送ろうとした場合、日本の窓口で止められることはあるのか、尋ねて見たところ……。

「うーん、あくまで記載されている品名は確認しますけど、開封することはありませんね」

 少なくとも、日本側では厳密に禁制品として対応されているわけではなさそう。一方、イギリスに到着した時に、どういう扱いをされるかは不明だ。
(文=昼間たかし)

最終更新:2018/11/08 23:00

知らなかった! 日本からイギリスに「ホラー作品」を郵送することは禁止されている?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

もう中学生、ルール無用の「マイルール」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

 ときにはガチの元セフレが出演し、ときにはエピソードトークの内容検証のためにADがパ...
写真