日刊サイゾー トップ > 芸能  > 後藤久美子“女優復帰”の裏事情

後藤久美子、突然の“女優復帰”と『毎度おさわがせします3』ヒロイン役ドタキャン騒動の謎

後藤久美子公式ホームページより

 後藤久美子が23年ぶりに女優復帰を発表し、話題となっている。

「1969年の第1作の公開から50周年を記念して製作されることになった『男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮)』に出演してほしいと、山田洋次監督が直々にスイスで暮らすゴクミへ長文の手紙を送り、実現となったそうです」(芸能記者)

 ゴクミは、『男はつらいよ』シリーズに最多出演のマドンナ。恋のお相手は寅さんではなく、甥っ子の満男であったが、記念作品ならば、ぜひとも出てもらいたい一人であったことは間違いない。

 だが、23年の間にさまざまなオファーはあったはず。それにもかかわらず、今回オファーを受けたのは深い理由がありそうだ。

「2019年1月から日本での芸能活動をスタートさせる娘のエレナが、少しでも取り上げられるようにとの話題作りでしょう。”あの国民的美少女ゴクミの娘”ということで注目されたものの、どうしても若き日のゴクミと比較されて、“それほどでもない”と評価が芳しくなく、芸能活動も苦戦が予想されますからね」(同)

 ゴクミは御年44歳。年齢なりの衰えはあるものの、あの日の輝きを感じさせる雰囲気は十分に保っており、どう見ても娘よりもニーズがありそう。

「逆に、なんだか娘が引き立て役みたいになってしまっているのが、なんとも皮肉ですが」(同)

 冷静に振り返ると、『男はつらいよ』シリーズへの出演こそ多いものの、女優としての代表作はこれといってなく、演技力に関しても高い評価を受けたことがないが、今でもこれだけの期待感を集めてしまうのは、やはり「国民的美少女」の冠に誰も異論を挟めないほどの圧倒的な美しさがあったからにほかならない。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

後藤久美子、突然の“女優復帰”と『毎度おさわがせします3』ヒロイン役ドタキャン騒動の謎のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真