日刊サイゾー トップ > 海外 > エロ  > 「一晩50万円」稼ぐママ活男子

3Pを求めるカップルも……「一晩50万円」を稼ぐママ活男子が、女たちの欲望の裏側を暴露!

イメージ画像(足成より)

 デートの見返りとして女性から金銭を受け取る“ママ活”が話題となっているが、世界には一晩で数十万円を稼ぐママ活男子が存在するようだ。

 若い女性による男性向けエスコートサービスは世界中どこにでもあるが、その逆はまだあまりよく知られていない。しかし実際には、ポンッと大金を支払ってこの手のサービスを利用している女性は意外に多いようである。

 今年31歳になるライアン・ジェームズさんは、オーストラリアのシドニーで金融機関に勤め、安定した収入を得ていた。しかし、今から約6年前、当時の恋人が男性向けエスコートの仕事をしていたことに刺激され、仕事を辞めて女性向けエスコートサービスを始めたところかなりの評判を呼び、現在は1回のエスコートで400~6,000豪ドル(約3万3,000円~50万円)を稼ぐようになったという。

 そんなジェームズさんが、このたび自伝を出版することとなり、現地のモーニングショーに出演。女性たちが彼にどのようなサービスを求めるのかについて語った。

 エスコートの際の一般的な流れとしては、まずはレストランでディナーを食べながら“もっとお互いのことを知りたいんだ”といった会話となり、そのままホテルに行くか、相手女性の家に行くケースが多いという。

 多くの女性は、単にセックスを求めているのではなく、そこに“疑似恋愛”的な要素を求めているという。「男性同様、女性もセックスを求めてはいるけど、同時に会話の楽しみも求めている」とジェームズさん。

 彼がこれまでにエスコートをした女性の中には、一人でバーに行って男をひっかけてセックスを楽しむといったタイプが多く、たまには違った体験もしたいということで、彼に連絡してくるのだという。

 ただ、そのほかの利用者はさまざまで、離婚したばかりの女性や、長期間セックスレスの既婚女性、さらには3Pを求めるカップルや、まだ処女の女性までいるという。

「普通の男をひっかけて相手にするのもいいけど、彼らはプロではない。それはそれで楽しいかもしれないけど、長期間セックスレスの既婚女性、普通の男からそれを得ることは難しい。でも、僕のようなエスコートのプロは、それを提供することができるのさ」

 日本にはホストという職業があるが、彼らも女性たちの心をつかむすべを知っているからこそ、多くの顧客をとりこにすることで商売を成り立たせている。俺はモテないと嘆く前に、彼らのやり方を学ぶのも一つの方法といえるだろう。

最終更新:2018/11/16 18:00
関連キーワード

3Pを求めるカップルも……「一晩50万円」を稼ぐママ活男子が、女たちの欲望の裏側を暴露!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真