日刊サイゾー トップ > 芸能  > BTS原爆Tシャツの“隠し文字”が波紋

防弾少年団(BTS)騒動は続く……原爆Tシャツの“隠し文字”が波紋「あざ笑った?」

『FACE YOURSELF(初回限定盤A)(Blu-ray付)』(Universal Music)

 3月8日に開催された「BVLGARI AVRORA AWARDS 2018」にて、ゲストプレゼンターとして登場したDAIGOが語った「KKKK」は、「これからもキラキラと輝いてください」との意味だった。

 しかし、これが防弾少年団(BTS)のジミンが過去に着用していた“原爆Tシャツ”に記されていた「KKKK」では、まったく笑えない意味に変わるという。

『NHK紅白歌合戦』への出場が見送られるなど、今やすっかり反日グループとのイメージが定着したBTS。所属事務所が公式サイトで謝罪しているものの、11月13日に行われたBTSの東京ドームコンサートでも、ジミン本人は「ご心配おかけしました」とだけ語って済ませたことで、「謝罪になっていない」と火に油を注ぐ形となっている。

「11月19日発売の『FLASH』(光文社)では、韓国事情に詳しいジャーナリストのコメントを掲載。それによると、韓国人の中には原爆投下を日本統治からの解放の象徴と考える人々がいるとのこと。問題のTシャツには、きのこ雲の下に万歳をしている人々の写真があり、まさに解放記念のTシャツだと指摘しています」(週刊誌記者)

 そんな中、ネット上では“原爆Tシャツ”に隠されていた“新事実”が再び騒動の燃料となっているという。芸能ライターが明かす。

「Tシャツのデザインをよく見ると、『KOREA』の文字が何列も並んでいるのですが、そのうち『OREA』が写真で隠れていて、『K』だけが見えるようなっている。写真の左横を縦読みすると『KKKK』と読めるのですが、これは意図的に残された可能性が高い。というのも、韓国で『K』は日本でいうネットでの笑いの表現『w』に該当するのです。それを知ったネット民たちが、原爆投下をあざ笑う隠し文字だとざわつき始めています」

 またもや、ファンに「ご心配をかける」事態となるのだろうか。

最終更新:2018/11/22 06:00
こんな記事も読まれています

防弾少年団(BTS)騒動は続く……原爆Tシャツの“隠し文字”が波紋「あざ笑った?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真