日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 幽霊ホテル「出る部屋」が閉鎖

ウワサは本当だった!? 台湾の幽霊ホテル「出る部屋」が閉鎖される異例の事態に

ネット掲示板に投稿された、女性の幽霊のイメージ写真

 台湾で、頻繁に幽霊が出没するというホテルが話題となっている。

「中時電子報」(11月23日付)によると、台南市内にあるそのホテルでは、数年前から幽霊の目撃情報が寄せられていた。現地のネット掲示版などでは「幽霊ホテル」と呼ばれ、宿泊客などから目撃談が頻繁に投稿されている。一番多いのは、1401号室に髪の長い全身ビショ濡れの女性の幽霊が現れるというもので、その部屋の宿泊客に、出ていくよう迫るのだとか。

くだんのホテル。夜になると不気味な雰囲気が漂うという

 そんな中、この幽霊ホテルに異変が起こった。あるネットユーザーがホテルに宿泊した際、14階に上がってみたものの、問題の1401号室を見つけることができなかったという。どうやら、あまりにも幽霊の目撃談が多いため、営業に支障を来すことを心配したホテル側が閉鎖したらしいのだ。

 しかし、閉鎖せざるを得ないほどとは、やはりウワサは本当なのだろうか?

 実際にこのホテルでは、過去に火災や飛び降り自殺などで複数の宿泊客が亡くなっており、また古びた建物の外観も、不気味といえば不気味だ。こうした背景も、幽霊出没のウワサに信ぴょう性を持たせている。

 ただ、そんなウワサを嫌がって宿泊することを避ける者がいる一方で、幽霊見たさに宿泊するオカルトマニアも少なくないようだ。

日本の統治時代に建てられたといわれる基隆鬼屋

 ちなみに台湾には、ほかにも世界的に有名な心霊スポットが複数存在する。中でも有名なのは、基隆市にある基隆鬼屋(キールンゴーストハウス)。地元の人なら誰もが知る、幽霊ビルである。1950年代に進駐米軍の酒場として利用されていたこのビルでは、当時酒場で働いていた地元の女性が、米兵との恋愛のもつれから、店に火をつけ自殺したと言い伝えられており、この女性の幽霊の目撃情報が相次いでいるという。

 日本から手軽に行ける外国として人気の台湾だが、オカルトツーリズムに出かけてみるのもいいかもしれない!?

(文=青山大樹)

最終更新:2018/12/07 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ウワサは本当だった!? 台湾の幽霊ホテル「出る部屋」が閉鎖される異例の事態にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真