日刊サイゾー トップ > 芸能  > 北島三郎『紅白』特別枠に内心激怒?

『紅白』北島三郎は“特別枠”出演に内心激怒? 一方、オファーない和田アキ子は……

『紅白』北島三郎は特別枠出演に内心激怒? 一方、オファーない和田アキ子は……の画像1
『第69回NHK紅白歌合戦』公式サイトより

 大みそかの『第69回NHK紅白歌合戦』に、北島三郎が出演することが決まった。2013年に“卒業”してから5年、ブランクを経て、平成最後の紅白で代表曲「まつり」を歌う。

 NHKは特別出演に至った経緯について「今年『平成最後の紅白』という記念の年に、『やっぱりサブちゃんを紅白で見たい』という期待の声を受け、番組から出演依頼をした」と説明。サブちゃんも表向きはやる気をみなぎらせているようだが……。

「本心は『ふざけるな!』でしょう。13年の卒業も、実際はマンネリ化を理由にしたリストラですからね。サブちゃんには昨年も紅白審査員のオファーがあったが、本人はかたくなに固辞していた。NHKの手のひら返しに、あきれ返っているはずです」(スポーツ紙記者)

 実際、北島サイドが二つ返事でなかったことは、他のキャスティングからもうかがえる。特別企画には弟子の北山たけしと大江裕も出演。北島が名付けた「北島兄弟」というユニット名で8月に発売した「ブラザー」を歌う。

 同曲は北島の次男で2月に死去した大地土子さんが作詞作曲した遺作。前出のスポーツ紙記者は「お手本のようなバーター。サブちゃんは、娘婿でもある北山を紅白に復帰させたいと考えていた。紅白を卒業したのも、自分に代わって北山を……という部分もあった。しかし、なかなかそれが実現せず、今回“力業”に踏み切った。NHKは来年以降、新たに“北山問題”を抱えることになった」と解説する。

 ちなみに北島同様、紅白を“リストラ”された和田アキ子には、現時点でオファーはないという。和田の周囲はピリピリムードで、レギュラー番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、北島の紅白復帰のニュースは扱いに困っているとか。NHKの判断は、暮れは「あの鐘」ではなく「除夜の鐘」で十分ということのようだ。

最終更新:2018/12/09 12:00

『紅白』北島三郎は“特別枠”出演に内心激怒? 一方、オファーない和田アキ子は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...
写真