日刊サイゾー トップ > 芸能  > ミヒマルhirokoにグラビア界が注目

mihimaru GT・hiroko、夫の詐欺逮捕でグラビア界から熱視線!「ソフトセクシー路線で……」

「mihimaru GT」公式サイトより

 活動休止中の音楽ユニット・mihimaru GTのボーカル・hirokoの夫が、出資金名目で歯科医師の男性から現金300万円をだまし取ったとして逮捕された。

 経営コンサルティング会社社長の夫は、2013年12月上旬、福島県に住む歯科医師の男性に「大病院の会報誌に掲載する商品を仕入れる会社を作る」と持ちかけ、資本金の一部として300万円を振り込ませて詐取したという。警視庁には、ほかにも金をだまし取られたとの相談があり、詳しく調べている。

「hirokoは2014年に結婚し、同年12月に女児が誕生しています。夫は結婚前から犯行を重ねていたことになります。タワーマンションに住むなど、羽振りのいい生活を送っていましたが、彼女は夫の仕事や稼ぎにはなんの疑問も持たなかったようですね」(スポーツ紙記者)

 mihimaru GTはhirokoとmiyakeの2人組で、2003年にデビュー。06年に「気分上々↑↑」が大ヒットし、同年の『NHK紅白歌合戦』に初出場した。だが、その後はヒットが続かず、13年限りで無期限活動休止を発表していた。

「典型的な一発屋ですが、hirokoとしては会社経営者と結婚することで、“勝ち逃げ”できたと考えたはず。しかし、玉の輿に乗ったと思っていたら、相手は犯罪者でしたからね。誤算だったと思います。ただ、今回の件で離婚することになるのでしょうが、以前から別居していたそうなので、そもそも夫と別れることは視野に入っていたと思われます」(同)

 となると、今後生活していくためには稼がなくてはならない。mihimaru GTの再始動ということになるのか?

「それはどうでしょうか。一発屋が再び活動しても、ヒット曲なんて出せないと思いますよ。それに、hirokoに罪はないとはいえ、夫が犯罪で得たお金で生活していたわけですから、被害者の感情に配慮すれば、彼女が表舞台で堂々と活動するのは厳しい。レコード会社も、GOサインは出さないはず。となると、スキャンダルを抱えた女性芸能人が手っ取り早く稼ぐ手段として、セクシー系の仕事しかありません。もっとも彼女はまだ小さな子どもを抱えているので、芸能人AVのようなハードなものは考えにくい。しかし、ソフトなセクシーグラビアなら十分可能性があります」(同)

 hirokoとしては、今後のことを考えると“気分上々”というわけにはいかないようだ。

最終更新:2018/12/11 10:00

mihimaru GT・hiroko、夫の詐欺逮捕でグラビア界から熱視線!「ソフトセクシー路線で……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真