日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『中学聖』岡田健史のひと言に激怒の声!

『中学聖日記』有村架純なぜか振られる!? 岡田健史の「冷めた」に「こっちが冷めるわ」と視聴者激怒!

■切なさ一切なし! “不安”しか残らない10話

 突如、昔の昼ドラのような展開となった同ドラマ。その振り切りが逆にウケ、「いいドラマだ」と言われ始めていたんですが、10話は一気にその風潮がなくなったようです。

 というのも、9話でついに結ばれた聖と晶だけに、10話は2人のいちゃつきを視聴者は期待していたんです。しかし、蓋を開けてみたらまったくそんなシーンはなく、切なさ一切なし。その上、晶は突然聖に電話で「冷めた。もう、この関係をやめよう」というんです。(ドラマ内で晶が関係を思い直すというシーンがないんです。だから、何の脈絡もなく突然すぎてびっくりとしか言えない……)

 そのため、この展開に視聴者からは苦情とも取れる声が続々。「いいドラマだと思ってたけど、10話はない!」「例えていうなら“百年の恋もいっぺんに冷める”ひどい展開だった(笑)」「晶に『冷めた』なんていって欲しくなかった……なんかガッカリ」「こっち(視聴者側)がこのドラマに冷めたわ」「てか、なんで冷めたって言おうと思ったのか描いてなくない?」といった感想が。ん~、確かに残り2話だし、もう少しいい方向の話が見たかったですね。

■びっくりするほど自分の立場がわかっていない勝太郎

 10話で一番感じたのが、勝太郎(町田啓太)の行動がおかしいという点です。5話で聖から振られている勝太郎ですが、未練タラタラな様子。そのせいで9話で原口に振られてしまっていたんですが、10話では聖に「ほっとけない」だの「一緒に海外赴任についてきたらいい」だのと言い張るんですよ。もう見ていて、振られて別れた女にしつこくつきまとってる勝太郎の頭がおかしいとしかいえない。

 その上、8話で晶のことを「聖の気持ちをわかっていてもて遊んでいる。あいつ頭おかしい」とか言ってたんですけど、視聴者側としては「お前もな!」としか思えない(笑)。顔はいい勝太郎ですが、晶同様性格はサイコパス。怖すぎです!

■通報者は誰?

 10話の最後に、警察が2人の前に現れ、何者かから未成年拉致との通報があったことを知るというシーンがあったのですが、ネットではこの通報が一体誰の仕業だったのかというので大盛り上がりで以下のような予想に。

本命:愛子or晶の同級生・るな

※愛子に関しては何も言わなくても、あれだけ息子に粘着質であればありえる。

※一方のるなに関しては、10話で一切登場していなかったため、次回、聖と晶の密会現場を隠れてみていたなんてシーンがありそう。

対抗:勝太郎

※もう、この人は自分の立場をわかっていないサイコパスなのでいうことなし。ただ、仕事が忙しい人なので、そこまで手が回らないとの意見が。

大穴:原口

※10話で別れた勝太郎の子どもを妊娠している様子を見せていただけに、聖と晶を引き離し、なにかと口うるさい勝太郎と元サヤにして海外赴任させて、自分は新しい彼女と一緒に子どもを育てるために通報したとの見方も。ただ、原口が通報者だとすると、ストーリーがさらに酷くなる予感がするのでこれはないかと思うのですが(笑)。

 こうなるともう、登場人物全員に疑いの目がいくという(笑)。来週放送の最終回はストーリー以外に、この答えあわせも楽しみですね!

 以上、10話のレビューでした。

 来週はついに最終回。一体聖と晶はどうなるのか。ネットでは予告を見て、「晶が死ぬバッドエンドになるかも!?」と言われていますが……。放送を楽しみに待ちましょう!

(どらまっ子KOROちゃん)

最終更新:2018/12/12 22:00
12
こんな記事も読まれています

『中学聖日記』有村架純なぜか振られる!? 岡田健史の「冷めた」に「こっちが冷めるわ」と視聴者激怒!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真