日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小出恵介、地上波に許される

『シン・ゴジラ』小出恵介の登場に大盛り上がり!「テレ朝には許されたのか!」

『シン・ゴジラ』 オフィシャルサイトより

 12月16日に、映画『シン・ゴジラ』(テレビ朝日系)が地上波で放送された。注目を集めたのは、昨年未成年との淫行・飲酒で無期限活動停止になった小出恵介の出演シーン。今回はしっかりノーカットで放送され、SNS上などでは「テレ朝には許されたのか!」と大盛り上がりだった。

 小出は同映画に消防士役と駅員役で出演。印象的なのは消防士役の方で、ゴジラの初上陸シーンに登場する。未曾有の危機で人々が逃げ惑う中、小出は「地震災害時の避難場所では役に立ちません! 新たな避難場所の指示を請う! どうぞ!」と熱の入った演技を披露。その後ゴジラは第2形態から第3形態へと姿を変え、再び進行を始める…… という場面だった。

『シン・ゴジラ』は昨年の11月にも地上波で放送されたのだが、この時は小出の出演シーンが丸々カット。視聴者の間では「あの場面好きだったけど仕方ないよな」「小出のシーン以外はほぼノーカットだったから満足」「小出恵介のカットは想定内」といった声が上がっている。そのため今回の“小出ノーカット”には驚きの声が上がり、“完全復活説”も浮上しているという。

「小出の出演にSNSなどでは『何回も見てる作品だけど一番の驚きだった』『とうとう解禁されたのか?』『去年カットされた小出恵介が映ってる!』『録画しとけばよかった』といった声が。また『もう小出恵介は地上波に出れるってこと?』などとも囁かれています。小出は昨年週刊誌に17歳少女との不純異性交遊を報じられて話題に。事務所から無期限の活動停止処分を受けた他、“大阪府青少年健全育成条例違反容疑”で書類送検されていました。その後は不起訴処分になりましたが、しばらくは表舞台から姿を消すことに。そんな中で今年6月には所属事務所『アミューズ』との契約を満了し、フリーとしての俳優活動を始めています」(芸能ライター)

 俳優として新しい道を歩んでいる小出。ネット上では「活動停止処分を下していた事務所を抜けたことで、テレビ局側も出しやすくなったのかな?」などとも推測されているが、完全復活にはまだまだ様々な障害がありそうだ。

「彼のことをよく思っていない人は業界の中にも多い様子。今年6月の『生ホンネトークバラエティ バイキング』(フジテレビ系)では彼のフリー転向が取り上げられたのですが、坂上忍は『どうぞご自由に』『応援する気には全くならない』と冷たい反応を見せていました。中尾彬も『無視ですね』と彼の話題をスルー。たとえ復活したとしても、日本の芸能界には居場所が少なそうです」(同)

 一方で週刊誌などでは、小出の“海外留学”が報じられている。彼を知る人が少ない新天地でなら、再び輝くことができるかも?

最終更新:2018/12/17 15:30
こんな記事も読まれています

『シン・ゴジラ』小出恵介の登場に大盛り上がり!「テレ朝には許されたのか!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...…
写真