日刊サイゾー トップ > 芸能  > 板野友美の新曲にネット上大喜利祭り

板野友美の新曲発表に騒然! ネット上は大喜利祭りに……「“いってみヨーカドー”がピークだった」

板野友美公式インスタグラム(@tomo i_0703)より

 元AKB48の板野友美が約1年ぶり11枚目のシングル「すき。ということ」を、来年2月に発売すると発表。楽曲の世界観を表現した、新アーティスト写真が公開された。

 作詞は板野自身が手がけ、手が届きそうで届かない、切ない恋心をストレートに表現。板野本人からは「まるで少女漫画のワンシーンのような胸がキュンとする恋心。年齢、性別を問わず、誰しもが体験したことがあると思います。この楽曲を聴いてそんな気持ちに共感してもらえるとうれしいです」とのコメントが寄せられている。

「板野といえば、AKB48時代にはソロ曲『Dear J』で初週売り上げ16万3,000枚のヒットを飛ばしたことがあったが、グループ卒業後は鳴かず飛ばす。話題となることいえば、EXILE・TAKAHIROらとの過去の恋愛ネタや、登場するたびに変化する顔面への“違和感”ばかり。今回公開された太眉のナチュラルメイクの“新ビジュアル”も『バージョンアップ』と揶揄され、恋心を描いた曲の世界観に対しても『武井咲にTAKAHIRO持ってかれたときの気持ち?』といった皮肉めいたコメントがネット上で連打されています」(芸能ライター)

 さらに、ネット民から悪乗りされているのが、曲のタイトルいじりだ。女性が多く集まる掲示板では、「まだおったんか。ということ」「売れない。ということ」「武井咲の圧勝。ということ」「また、顔が変わった。ということ」「この人は“いってみヨーカドー”がピークだった。ということ」など、さながら「罵倒大喜利」祭りとなっている。

 来年6月にはワンマンライブ『板野友美 LIVE 2019』の開催も決まっている彼女。歌手として、もう一花咲かせることができるだろうか?

最終更新:2018/12/26 10:00
こんな記事も読まれています

板野友美の新曲発表に騒然! ネット上は大喜利祭りに……「“いってみヨーカドー”がピークだった」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーCM、なぜ素晴らしい?

 まだまだラグビーW杯は続くのに、日本の敗戦と...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真