和田アキ子、2019年は“本格歌手”志向に? 4年ぶり『紅白』リベンジの本気度は……

2019/01/04 18:00

和田アキ子

 2018年の『NHK紅白歌合戦』の出場歌手をめぐっては、和田アキ子の3年ぶりの返り咲きの可能性が最後まで取りざたされていたが、結局叶わなかった。

 和田は18年5月に若年層に人気のBOYS AND MEN 研究生とのコラボシングル「愛を頑張って」を発表。10月には日本武道館公演『WADA fes~断れなかった仲間たち~』を2日間にわたって開催。歌手デビュー50年による新作リリースなどもあわせて、紅白復帰へ向けて万全の布陣を敷いたが、3年連続の落選となった。さすがに4度目の出場は狙っていないのかといえば、そうでもなさそうだ。

「和田は19年4月にはブルーノート東京での2デイスライブが予定されています。芸能人ゲストなどのない、本格的な音楽志向のライブです。この会場でのライブ開催は2年半ぶり。前回の16年はほかにも3つのロックフェスに出演し話題となりました。今年は音楽に比重を置いた活動が考えられているのではないでしょうか」(芸能関係者)

 そこには“芸能界のご意見番”としてのタレントではなく、ミュージシャンとしての和田をアピールしたいねらいがありそうだ。

「18年の紅白では特別出演として北島三郎が5年ぶりに復活しました。そのほかにもサザンオールスターズの桑田佳祐も特別枠として実質的な大トリを務めています。純粋に音楽パフォーマンスを披露できる特別枠での出場を和田はねらっているのかもしれません。特別枠は通常の選考とは別に行われますからね」(同)

 3度の機会を逃した和田の、4度目のリベンジは成功するのか。今年の動向にも注目が集まりそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/01/04 18:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む