日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 元欅坂46・今泉佑唯に“アノ洗礼”

元欅坂46・今泉佑唯を待ち受ける“おっぱいハンター”の洗礼ってナンだ!?

今泉佑唯 公式Twitter(@yuuui_imaizumi)より

 昨年11月に欅坂46を卒業した今泉佑唯が、1月から元AKB48・川栄李奈らが所属するエイベックスグループに所属することが決定。同時に劇作家・つかこうへいの舞台『熱海殺人事件』(3月28~31日、クールジャパンパーク大阪TTホール、4月5~18日、東京・紀伊国屋ホール)にヒロイン役で出演することも発表された。

 舞台『あずみ』で川栄を抜擢し、女優として開眼させた岡村俊一氏の演出とあって、今泉も今作で女優としての足場を築きたいところだろう。しかし、ファンの胸中は複雑なようだ。アイドル誌ライターが神妙に明かす。

「同作はヒロインが胸を揉みしだかれるシーンがあることで有名。昨年も元AKB48・木崎ゆりあが主演の味方良介に胸を揉まれ、なまめかしい声を上げていました。地道に握手会に通い、握手より上のスキンシップを経験していないファンは、舞台から目を背けたくなるかもしれませんね。今回も味方が主演を務めるようですが、彼は2016年の舞台『新・幕末純情伝』でも同様に元SKE48・松井玲奈の胸を揉みしだいていますから、もはや秋元康グループ卒業組の“おっぱいハンター”となりつつあります。松井、木崎の胸はそれほど大きくありませんが、今泉は推定Eカップで、アイドル界きっての“隠れ巨乳”でしたから、ボリューム感はケタ違い。味方は過去最高の揉み心地を堪能することになりそうですね」

 元AKB48・北原里英もグループ卒業後、『新・幕末純情伝』で胸を鷲づかみにされているが、今や女優に転身する元アイドルは“胸を揉まれる”洗礼を浴びるのがお約束となっているのかも!?

最終更新:2019/01/08 22:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed