日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > デカすぎ!「愛の南京錠」
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.27

なぜそれを大きくする必要があるのか?「愛の南京錠」

なんだこれ

 なぜ南京錠がでかいのか? そこは普通、ハート形のオブジェとか、恋人が鳴らす鐘とか、そういう象徴的なものでなければならないのでは? 愛が目的、南京錠が手段なわけだから、これはもう「手段のためなら目的を選ばない」状態ではないか?

 とにかく現物が見たいと思い、展望台の係員に道を聞いたところ、「海沿いの道を25分歩きなさい」と言う。20分でもなく30分でもなく「25分」と断定するのだから、確実に徒歩25分の距離なのだろう。意外と遠くてちょっとひるむが、意を決して歩き始めたところ10分くらいで到着してしまった。韓国では、こういうことは実に多い。

断定の一例(ソウルの地下鉄にて)

 ともかく人のいない道をそれだけ歩くと、やがて堤防が見えた。目を凝らすと、そこに南京錠のオブジェが立っており、多くの人たちが集まっている。さすが愛の南京錠。どんな形であれ、恋人たちのインスタスポットとして人気を集めているに違いない。

目を凝らすと多くの人が
インスタ映えだ(うつろな目で)

 巨大南京錠に近づくにつれて、やはり愛をモチーフにした飾りが少しずつ増えてきた。「LOVE」という形のどこかで見たような石像や、ハート形のベンチ、プロポーズを受けているような写真が撮れるトリックアートと、とってつけたようなアイテムが並ぶ堤防を先に進むと、ついに南京錠の前にたどり着いた。その大きさ、2階建ての建物ほどはあるだろうか。確かにでかい!

123
関連キーワード

なぜそれを大きくする必要があるのか?「愛の南京錠」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

新進気鋭の研究者が語る情報社会の今後

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサ...…
写真
インタビュー

小倉優香、ダイエット成功で意欲

 4月、小倉優香がインスタグラムで美しく割れた腹筋と共に2年越しのダイエット成功、そ...
写真