トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

元貴乃花親方ファミリーがお騒がせ中!

元貴乃花親方と景子さんは離婚、優一はパワハラ騒動…一体どうなってるの!?
写真

人気連載

ドラマレビュー

現代人が求める理想のカウンセラーがここにいた!! 杉咲花に叱られたい『ハケン占い師アタル』第1話

「わかりました、あなたを鑑(み)ます!」  主人公のそんな決め台詞によって、職場によ...…
写真


 >  >   > “男はつらいよ”ボリウッド映画に!?
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.514

“男はつらいよ”がボリウッド映画になった!? 感涙作『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

“インドの寅さん”ことバジュランギおじさん(サルマン・カーン)は迷子の少女を連れて、大旅行することに。

『男はつらいよ』シリーズの主人公・寅さんが迷子の女の子と出逢い、彼女の家を探して旅を続ける。インド映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』のストーリーを、思いっきりざっくり説明するとそんな感じだ。“インドの寅さん”ことバジュランギおじさんは、根っからのお人よし。たまたま自分になついた女の子を連れて、インドの首都デリーから国境を越えてパキスタンまで700kmの旅をすることになる。行く先々で毎度のように大騒ぎを起こすが、最後にはみんなが“インドの寅さん”のことが大好きになる。お正月くらい、こんな映画を観てもいいんじゃないかという気にしてくれる、踊りあり、笑いあり、ホロリありの感涙作なのだ。

 寅さんが柴又帝釈天(もともとはヒンドゥー教の武神)で産湯に浸かったように、バジュランギおじさん(サルマン・カーン)も信心深い。ヒンドゥー教徒である彼は、孫悟空のモデルとも言われる猿の神さま・ハヌマーンを信仰している。浅草の雷門みたいなところで、ハヌマーンを讃えて踊っていたバジュランギを見て、迷子の女の子シャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)は「この人は絶対にいい人!」と直感。バジュランギの後をついていく。困ったバジュランギは、シャヒーダーを警察に預けようとするも、彼女は口が不自由なため警察はまともに対応しようとしない。幼いシャヒーダーを放っておくこともできず、ひとまず下宿先へと連れて帰ることに。

幼いシャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)は言葉を話すことができないが、いい人か悪い人かを見分ける能力に優れている。

 下宿に戻ったパジュランギはびっくり。クリケットの国際大会のテレビ中継を大家一家と一緒に観戦していたところ、シャヒーダーはパキスタンチームが得点すると大喜びする。シャヒーダーはパキスタン人だった。しかも、シャヒーダーがモスクで祈りを捧げていたことから、イスラム教徒であることも発覚。国籍も宗教も異なるシャヒーダーの家を探そうとしていた自分のおめでたさに、愕然とするバジュランギだった。

 寅さんにマドンナがいるように、バジュランギにも想いを寄せている美女がいる。下宿先の大家の娘ラスィカー(カリーナ・カプール)に男としての度量の大きさを見せようと、「ハヌマーンさまが見守ってくれるさ」と何の手掛かりもないままシャヒーダーを連れてパキスタンへ向かうことに。しかも、諸事情あって旅券もお金もないまま、パキスタンに密入国する。インドからのスパイに違いないとパキスタン警察に追われるバジュランギは、冒険を楽しむかのようにニコニコ顔のシャヒーダーの手を引いて、珍道中を繰り広げるはめになる。

“インドの寅さん”バジュランギは、旅を続けることでいろんなことを学んでいく。パキスタン警察から逃れるためにモスクの中に隠れようとするが、扉の前で一瞬ためらう。バジュランギは敬虔なヒンドゥー教徒だからだ。イスラム教の礼拝堂に、他教徒が足を踏み入れていいものかと。そんなバジュランギを、老司祭は「モスクはあらゆる人を歓迎します。誰でもいつでも入れるよう、モスクの扉は鍵が掛かっていないんです」と温かく迎え入れる。バジュランギが旅に出ることなくインドで平穏に暮らしていれば、ずっとそのままだっただろう、イスラム教徒やパキスタン人に対する誤解や偏見が少しずつ消えていく。そして、その分だけ、シャヒーダーの故郷へと近づくことになる。

本作のマドンナであるラスィカーを演じたカリーナ・カプール。大ヒット作『きっと、うまくいく』(09)にも出演したお嬢さま系美人女優。
12
こんな記事も読まれています

“男はつらいよ”がボリウッド映画になった!? 感涙作『バジュランギおじさんと、小さな迷子』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

グッドワイフ

 常盤貴子、19年ぶりの日曜劇場主演!

グッドワイフ

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

教師・菅田将暉が生徒を人質に学校に立てこもる!

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

トレース~科捜研の男~

錦戸亮が“科捜研の男”に!

トレース~科捜研の男~

初めて恋をした日に読む話

“残念なアラサー女子”深キョンが3人の男から……!?

初めて恋をした日に読む話

家売るオンナの逆襲

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲

刑事ゼロ

記憶喪失の刑事・沢村一樹が事件解決のために奮闘!

刑事ゼロ

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

竹内結子が6年ぶりの地上波連ドラ主演!

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

メゾン・ド・ポリス

新米刑事・高畑充希が5人のおじさんに振り回される

メゾン・ド・ポリス