日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松坂桃李のガチすぎる『遊戯王』愛

松坂桃李がデュエリスト“キング”に! ラジオ番組で“遊戯王コーナー”を持ってしまう

「TOP COAT」公式サイトより

 1月18日放送の『松坂桃李のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)で、「桃★戯★王」という企画が実現。松坂桃李が大好きな『遊☆戯☆王』のコーナーを持つことになり、ファンからは「とうとうキングが成し遂げてしまったか」と歓声が上がっている。

 同番組について、松坂は「昨年『菅田将暉のオールナイトニッポン』で語った妄想告知がまさか実現するとは。今は驚きと不安が同居しております。確実に僕の中で事故物件なラジオになるんじゃないかと思います。リスナーの皆様、僕に力をお貸しください。お手柔らかに」とコメント。趣味全開の番組企画に不安を覗かせているようだった。

 松坂は度々『菅田将暉のオールナイトニッポン』(同)にゲストで出演し、アツい“遊戯王トーク”を披露。番組内では「菅田★戯★王」という企画を勝手に立ち上げ、第44回から実際にコーナーとして登場した。当初は菅田将暉も呆れぎみだったが、松坂の熱意に押され“遊戯王”にドハマり。今回はそんな松坂がメインパーソナリティーとして、待望の“遊戯王”コーナーに挑戦する。

「現在松坂はスマートフォンでも遊戯王が楽しめる『遊戯王 デュエルリンクス』をプレイしているのですが、『ちょっとゲームが上手いとかそういうレベルじゃない』と評判。同ゲームのランクは『ビギナー』『シルバー』『ゴールド』『レジェンド』『キング』と分けられているのですが、松坂は最高位の『キング』に無課金で昇りつめたと語っています。Twitterでも度々“遊戯王ツイート”を投稿しており、1月9日には『最近コアキメイルが悪さをしてますね。今月はこのカードでレジェから上がれました。色々対策あると思いますが、よかったら試しに』とカードを紹介。『捕違い』というカードの画像が添付されており、『なんのことかわからないけど楽しそうで何より!』『これはいいチョイス。さすがキング』『コアキメイルは親の仇なのでボコボコにしてください』とさまざまな層からリプライが殺到していました」(芸能ライター)

“デュエリスト”として新たなファン層の指示を集めている松坂。「桃★戯★王」の放送決定にも祝福の声が相次いでいる。

「『桃★戯★王』がメディアで取り上げられるや、SNSなどでは『キング! おめでとうございます!』『菅田ANNリスナーだけど楽しみにしてる』『デュエリストとしてこの放送は聴かなきゃ』といった声が。また『遊戯王 デュエルリンクス』公式Twitterも、『松坂桃李さん、オールナイトニッポンGOLDメインパーソナリティー就任おめでとうございます』と反応していました」(同)

 我が道を進み続ける松坂。ゲーム好きが高じてYouTuberになった本田翼のように、新しい活躍を期待したい。

最終更新:2019/01/11 15:33

松坂桃李がデュエリスト“キング”に! ラジオ番組で“遊戯王コーナー”を持ってしまうのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真