日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元「純烈」友井、メンバー内でも孤立

元「純烈」友井雄亮、メンバー内でも孤立! “DV報道”で引退も転職先は……?

『純烈コンサート 〜夢は紅白! 親孝行! 〜 [DVD]』(日本クラウン)

 会見が全てを物語っていた。昨年の『NHK紅白歌合戦』に初出場した男性ムード歌謡グループ・純烈に“文春砲”が炸裂したのだ。

 メンバーの友井雄亮に「DV常習」「3,000万円使い込み」など、近年稀に見るクズスキャンダルが発覚。有無を言わさず芸能界引退となった。

 当然、他メンバーは怒り心頭だ。15日に行った記者会見で、リーダーの酒井一圭(43)は「僕の中で、もうあいつは死にました」「会うことはないと思います」と三くだり半。小田井涼平も「なんとか5人でやる方向はないと模索したが、心身共に傷ついている女性がいると発覚した段階で、犯罪者ではないが、それに近い。それくらいひどいことをしたという思いが強くなった」と突き放した。

 取材記者の1人は「ネット上では友井の復帰を求める署名活動も行われていたし、会見に行く前は、メンバーたちもてっきり涙ながらに『もう一度チャンスを!』とやると思っていた。それが言語道断の断罪。『ここまで言うか……』という驚きがあった」と話す。

 背景にあるのは、メンバー間でも問題視されていた友井の“オレ様ぶり”。グループを知る音楽関係者は「人気が出るにつれ、友井は勘違いが目立つようになった。重要な会議の最中でもスマホをイジっているし、金にならないことに対しては消極的。ダンスの振り付けは彼の担当だが、年々体重が増加しているリーダーに対して、上から目線で発言することもあった」と話す。

 そうした悪態度も相まって、リーダーの酒井をはじめ、かばうことなく“解雇”に動いたというのが真相だ。

 そんな友井の今後はどうなるのか?

「DVのイメージは悪すぎるので、他事務所からの復帰も考えられないでしょう。ありえるとしたら、ホストデビュー。水商売系にツテのある芸能プロ関係者が知人の記者に『友井の連絡先を知らないか?』と電話しているので、狙っている可能性はあります」(ワイドショー関係者)

 とはいえ、ホストになったとしてもDVの過去は敬遠されるのがオチ。地元に帰って、職探しするのが賢明だろう。

最終更新:2019/01/17 16:00

元「純烈」友井雄亮、メンバー内でも孤立! “DV報道”で引退も転職先は……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真