日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 元暴走族が新聞社のエース記者に

テレ朝『激レアさん』元暴走族が少年院の”反省文”で文章力をアップ、新聞社のエース記者に!

 文章を書くのが楽しくなり、起承転結を意識するようになった院生の文章はこんな感じだ。

起=私はなぜよそ見や私語をしたのか?

承=それは穏やかな春の風吹く農作業中……

転=まさか単独室にまで入ることになろうとは

結=今後は二度としないよう心に刻みました

 虚勢を張るタクヤさんは、胸中にある反省心を文章にして伝えているうちに、自然と読み手を意識する構成力がアップしていたのだ。「反抗しては美文をしたためる」という無限ループが、彼の文章スキルをメキメキと上昇させた。

「最初は1ページ書ききれなかったんですよ。でも、少年院を出る頃は余裕で原稿用紙4~5枚は書けるようになってましたね」

 少年を更生させる施設へ入り、生活をこなす中、自然と文章力が伸びていた。人生、何がどう転ぶかわからない。

■文章力を伸ばした元暴走族の少年が新聞記者に採用される

 その後、父親から「南米に渡って人生を勉強してこい」と指令を受けたタクヤさんは、ブラジルに移住してバナナ園を営む日本人・ハンザワさんに出会う。彼に感銘を受け、バナナ園を去った後も開拓移民を訪ね続けた。そして、思う。

「こんな偉大な人たちを、誰も知らなくないか?」

 職探しを始めたタクヤさんはサンパウロ新聞の記者募集に応募し、見事合格。エース記者として活躍することになった。現地では主に移民に関する記事を担当し、ほかには小泉純一郎首相(当時)やアントニオ猪木への取材も行ったという。

“少年院で反省文を書きすぎたあまり、文章力がメキメキ上がり、敏腕新聞記者になった元暴走族”のタクヤさんの現在の肩書は、「サンパウロ新聞・福岡支局長」である。人生、何がどう転ぶか本当にわからない。

(文=寺西ジャジューカ)

 

 

 

 

最終更新:2019/01/23 21:00
12
こんな記事も読まれています

テレ朝『激レアさん』元暴走族が少年院の”反省文”で文章力をアップ、新聞社のエース記者に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真